Ako's Family Ministries 活動報告 since 2010

殺されかけたムスリムの女性がイエスに出会った話

ある記事で、とても興味深いストーリーが合ったので、こちらにシェアします。

しかし英語なので、この記事をざっと訳してみました。

今、このようにたくさんのムスリムの人達が不思議な形でイエスに出会って、そして回心している、ということです。

井戸の中へ放り込まれ殺されかけた女性が、イエスによって救われた話

(原題:Left for Dead in Well, Muslim Girl Says She Was Saved by Jesus)

「私が井戸の中へ放り込まれた時、恐ろしいほどの暗闇を通って私の魂が地獄へ行くのを見ました。そしてあまりの乾きに、一滴の水で潤されることを心の底から願ったのです。私の魂は、地上にある水のことを願っていたのではなく、それは『神の言葉』であることを知っていました。」

この若い少女、ラムザは、中東にある信仰心の熱いイスラム教徒の家族に生まれ、そして全てのイスラムの教えに従うかどうかを注意深く見守られながら育ちました。彼女の父親はかなり裕福で、3人の妻と13人の子供を持ち、子どもたち全てが良い教育を受けました。

ラムザのキリスト教との最初の出会いは学校でした。彼女の一人の友だちの両親が、無教派の、伝道のためのプロテスタント教会の組織、[Bibles4Mideast]で働いており、その友達からGOSPEL、福音を聞いたのです。しかしラムザはその話に興味を持ちませんでした。

父親との口論の末に・・

彼女がティーン・エイジャーになって、ラムザの父親は彼女と、かなり年上の男性で、すでに何人も妻のいる人との結婚を計画したのです。ラムザは頑なにその話を拒否し、激しい口論になりました、その時、父親はラムザの頭を椅子で殴ったのです。父親は彼女を誤って殺してしまった、と思い、彼とその妻とでラムザの体を袋の中に納め、車で国外へ運び出し、そしてラムザの体を袋ごと空っぽの井戸へ放り込んだのです。

しかし、彼女はまだ生きていました。そして彼女のvision、幻を見たのです。

「私は、学校の友達から福音が私の目の前に与えられるのを見ました。」彼女はこう綴っています、「それは私を慰めてくれました。そしてそれを掴もうとしたのですが、私の手はそれに触れることができませんでした。その福音は私の魂をそれは素晴らしい園へと導いてくれました。」

美しい男性が井戸の中に立っていました

その時、イエスが姿を表しました:

「一人のたくましい、健康的で、美しい男性が井戸の中に立っていました。彼はその手で私の死んだ体を袋ごとキャッチしてくれたのです。そして袋をほどいて、私の頭と体をなでてくれました。私はまるで夢から覚めたように目を開きました。その時、私は彼の手に釘付けられた跡があるのを見たのです、彼とは私の主、イエスでした。」

「彼は私をその手で井戸の外へ運び出してくれました。そして私に言いました

『わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。 』(ヨハネによる福音書 11:25 )

私は彼の前にひれ伏しました。そして喜びの涙とともに言いました、

『主イエス、あなたは私の主であり救い主です。あなたは私のために十字架に付けられ死んでくださいました。そして確かに復活されました。私はあなたのもの、あなたを信じます。』

そして私が顔を上げて彼を見上げましたが、そこには誰もいませんでした。彼は姿を消してしまいました。」

その数分後、彼女の言うところによると、あるクリスチャンのカップルが彼女を見つけたそうで、そのカップルはイエスに導かれて彼女を見つけた、と言っています。そして彼らの介抱によってラムザは回復し、今では他の数人の女性たちとともに働きながら、さらにイエスについて学んでいます。

イスラム圏で起こる、イエスとの不思議な出会いと回心

彼女は訴えます、「祈ってください、私の家族や親戚のため、そして全ての中東にいる人々が救われるために!」

このような話は、実は何千とあります。たくさんのイスラム教徒がイスラム圏で、不思議な形でイエスに出会い、そして結果的にキリスト教に回心しているのです。

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。