Contact | info@akos-family.net

なぜカトリック教会では、聖母マリアに祈るのか

前回の記事でご紹介した、こちらの記事、

Why Catholics (and other Christians) Pray to the Blessed Virgin Mary
なぜ、カトリック教会(と、その他のクリスチャンたち)は聖母マリアに祈るのか

という記事を日本語訳にしてご紹介しますね。

(読みやすい日本語になるように、かなりがんばったのですが・・・やはり直訳にほぼ近い文章になってしまいました、ごめんなさい。。)


カトリックではない人々、そのたくさんの人たちは、子供の頃からこのように教えられています、

カトリック教理の間違い、その明らかな証拠は、聖母マリアに対する光栄や敬意、そして聖母に捧げられる数え切れないほどの信頼と祈りである、と。

しかし同時に彼らが、カトリックの、マリアに対する献身の、正真正銘の基盤は何なのかを学ぶ時に、最終的に、彼らがカトリックになる、という結果に行き着くことも事実、あるのです。

どうしてそのような事が起こるのか・・その理由はとてもシンプルで明確です。

それは全て、この2つの真実に含まれています。

 

1.マリアは神の母である

まず第一に、マリアは、神の母(ルカ1:43)です。

神が、その母を持つことを、衝動的に決めた、とはカトリックは信じていません。神は、母を持つことをあらかじめ選んでいた、とカトリックは信じています。

神は、彼の、人としての身体を、彼女の胎の中で形作ることに対して、彼女を選び、許可を与えたのだ、と考えます。(ルカ1:35)

また神を、小さな赤子としてこの世にもたらす事を彼女に許可し、そして、彼女の胸から彼に乳を飲ませ、彼女の腕の中に彼を運び、危険から彼を守り、そしてどの子も教わるように、彼女から歩き方、話し方、祈り方を教えることを、神は選んだのです。

聖母マリアが、愛によってのみ、彼に関する全権を握ることを、神は選んだのです。(ルカ2:51)

その母を選ぶ、という時に、神の御子は、良き母の愛は常に、良き息子にその全権を行使でき、その母が彼の意志に対する全権を握ることをゆるす、その事を御子が選んだのだ、とカトリックは信じています。

2. 聖母マリアは全ての人の母

第二に、マリアは全ての人の母です。

罪にまみれた、全ての人の子どもたちを、イエスの兄弟姉妹として、その母が受け入れられるために、神の御子は、母を通してこの世に来ることを選んだ、とカトリックは信じています。

またイエスは、どのように彼女が敬われ、愛されるべきなのか、のお手本を示しました。

イエスは彼女を、全ての人の母親として整えられるため、彼女に、全ての想像できる限りの、全ての痛みに苦しむ(ルカ2:35)事を彼女に頼みました。それは彼女の子どもたちに対する悲しみ、同情を彼女に教えるためでした。

彼女はイエスのたった一人の母、イエスは彼女を痛みから救う事ができたでしょう、なぜなら彼はそのような力を持っていたし、彼は彼女を無限の愛で愛していたからです(しかし、そうはなさらなかった)。

イエスは、第一の公の奇跡を、彼女からのリクエストによって行いました(ヨハネ2:1-11)。また、彼が死を迎える時には、彼女はすでに、全ての人の母となるように、最初から定められている事を、マリアに再度伝えました(ヨハネ19:27)。

このようなわけで、聖母マリアは、母がその子どもの幸せを願うことに熱心であるのと同じように、イエスの兄弟姉妹である私たちのたましいと、身体の問題において、助けることを熱望していることを、カトリックは信じているのです。

ピエタ像

 

カトリック(また、他のクリスチャンたち)が唱えるロザリオは、これら2つの真実にある、彼らの信仰の表現です(ルカ1:48)。

もしマリアが、彼女の息子であり、神の御子であるイエスに、私たちの代わりとして話してくださる時、私たちの祈りの応えを受けることを、私たちは知っています、そしてそこには疑いの余地はないのです。

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA