Contact | info@akos-family.net

新年明けました!2018年

みなさま、

ハッピーニューイヤー!

2018年が明けました〜

新年の始め、みなさま、どのようにお過ごしでしょうか。。

NYは、ニューイヤーズ・イブまでは盛り上がるのですが、

(タイムズ・スクエアのカウントダウンがその最たるものですよね)

それが終わったら一気に平日に戻ります。なので、もう街中はいたって平日の雰囲気です。

 

英国の侵略?

そのニューイヤーズ・イブ、私がいつも楽しみにしている恒例のイベントが有りまして、今年もそちらに行って来ました。

マンハッタンのウェストサイド60thストリート/コロンバス Ave. にある、The Church of St. Paul The Apostle, というカトリック教会で毎年行われる、ニューイヤーズ・イブ・コンサートに、主人アキラ(仮名)と私と、Ako’s Familyのメンバーで今NYに留学で来ているMちゃんと、3人で行って来ました。いや〜、素晴らしかったです〜!(涙)

いつもは、クラッシック曲ばかり演奏されるのですが、今年は少しアグレッシブでしたよ。題して

「British Invasion」〜英国の侵略〜

実はこの表現、昔、ビートルズが米国に来た時に、使われたんだそうです。
→アキラ談

いきなり、映画007シリーズのテーマ曲のメドレーをやったり、私が知らないような新しい曲(コールドプレイ、とか)や、ビートルズの代表曲のメドレー、クィーンのボヘミアン・ラプソディまでも!!が演奏されました。

プラス、クラッシック曲、ベートーベンの第9をやったり、最後は、これまた恒例の、Auld lang syne(日本語では、ほたるのひかり)をみんなで一緒に歌って、幕を閉じました。

終わった後、私、思わず立ち上がって、「ブラーボー!!!」(ちなみに、ボーにアクセント)と大声で叫びましたよ。私だけではなく、たくさんの方のスタンディングオベーションがありました。

New Year’s Eve Concert 2017@The Church of St. Paul The Apostle, NYC

 

年を追うごとにパワーアップしている感じがします。圧巻でした!

本当にゴージャスな内容で、オーケストラも、クワイヤも、ソリストも、全てが素晴らしかったです!しかも、この内容で無料です。(寄付金を募るのみ)

ぜひ、年越しをNYで過ごしたい方は、こちらのコンサートがおすすめです。

 

・・・ちなみにタイムズ・スクエアのカウントダウンは、極寒の中ずっと外に立っていなければならず、あまりにも寒すぎるし、いったん出たら入れない、トイレもないので、参加者はおむつを付けて行くんだそうですよ!・・・なんという、イベントでしょうか。。

 

ともあれ、みなさまの2018年が、素晴らしいものであり、神の祝福で大いに満たされる年となりますように、祈っています。

 

今年もよろしくお願いします!<(_ _)>

柏グローリーチャペル30周年記念パーティー

そして、今回の日本滞在の最後を飾ったイベントは、12月25日クリスマスの日に行われた、柏グローリーチャペル30周年記念パーティーでした。

この教会は30周年、そして私がこの教会に初めて訪れたのが2004年の4月・・

→旧ブログの記事にありました。柏グローリーチャペル・Coffee Live

なので、もうかれこれ12年のお付き合いになります。いつもいつも、温かく迎え入れてくれる教会で、本当に感謝なのです。。(涙)

その30周年記念パーティー、今回は柏のアーセンティア迎賓館、という、とてもとても素敵な場所でした。

私にとっては、これ↓↓初めてのレッドカーペット!!でした(*^_^*)

パーティーの中では、教会の子どもたちが一丸となって、Joyful Joyful を踊ってくれました。途中、音楽が止まっちゃう、というアクシデントがありましたが、そこはクワイヤのメンバーや私が歌って場をつないで、最後には会場全体がかなり盛り上がった場面となりました。Yeah!

こんな大事なパーティーの中で、なんとAKOがソロの時間をいただき、3曲ほど歌わせていただきました。伴奏は同教会の佐々木潤さんがしてくださいました。

  • O holy night
  • Have yourself a merry little Christmas
  • Go make a difference(会衆賛美)

そして、もちろん!柏KGCクワイヤのメンバーと一緒に、同じく潤さんのオリジナルで、AKOの方でコーラスアレンジさせていただいた曲、2曲も賛美しました。

  • マリアの讃歌
  • 詩篇23篇

特に、マリアの讃歌は、パーティーの前の週に1回だけ行われたワークショップで、たった1回練習しただけだったのに・・この時クワイヤがものすごい美しいハーモニーを聞かせてくれて、感動的な、ドラマチックな賛美になりましたね〜!

もちろん詩篇23篇も同様に、すごかったです!ヴァイオリニストの方がソロで入って、それはそれは美しかった〜!

この詩篇23篇は、すでに今年の春にレコーディングしていて、その収録した曲は、今回30周年記念で出版された、同教会の牧師・佐々木正幸牧師 著の『「祝福」はふたりから』に付属されているCDにも入っていますよ。

パーティーの中で、これまでの30年を振り返ってのスライドがあったんですが・・・なかなか泣かせてくれました。

今の教会の建物に移ってから、教会に残られたメンバーが一丸となって建物をリフォームしていた時の写真とか、その写真から見られるみなさんの笑顔とか・・

それから教会がどんどん大きくなって、今では子どもたちが本当にたくさんいて、その子どもたちがパーティーで踊ってくれたJoyful Joyfulにつながって、そんなことを考えると、神様の祝福とは、時には厳しいけど、その実を結んだときにはなんと美しいのかな、と思いました。。(涙)

これからの柏グローリーチャペルの歩みの上にも、神様が大いに祝福してくださいますように!

クワイヤでソロを歌うことになりました

いよいよ、日本帰国が来月になりました!帰国まであと1ヶ月ちょっと。ただいまその準備に追われています。もうワクワクです!!(#^.^#)

さて、そんな中で、私の通っている教会、St. Rosalie’s Churchのクワイヤで、なんと私、ソロを歌わせてもらうことになりました!

いきなりの抜擢で、かなりドキドキですが、ソロと言っても曲頭だけのほんのちょっとなので、ソロの第一歩としてはありがたいです。。

その短いソロパートの最後には、テナー男性とのDUOになるところもあり、さらにドキドキです!

Music Directorいわく、この曲は私が日本に帰国する前の最後の日曜日のミサで歌う予定にしているとのこと。はい、精一杯賛美させていただきます!

ということで、このソロ部分のみ、ですが、ここで公開しますね!あくまでもリハーサルで、完成度はまだまだですが、まあこんな感じ、って思って聞いてみて下さい。

曲目は「The Majesty And Glory Of Your Name」で、詩篇8篇を元に作られています。

When I gaze into the night skies
And see the work of your fingers:
The moon and stars suspended in space.

わたしは、あなたの指のわざなる天を見、
あなたが設けられた月と星とを見て思います。(詩篇8:3)


 

映画パッションの、JIMさんの証し

みなさま、報告が遅くなりましたが、先日無事にアメリカに戻ってきました。

今回は時差にはそんなに悩まされませんでした、が、やはり疲れが・・_| ̄|○

でも食欲も出てきたし、ジョギングも始められたし、だいぶ調子を取り戻してきましたよ。

さて、そんな中、とても興味深い、素晴らしいYouTubeの映像を見つけたので、こちらにシェアしますね。映画「パッション」で、Jesus役をやられたJim Caviezelさんが、アメリカの教会、The Rock Churchという場所で映画について話しています。

なんともその撮影は壮絶だったようで、そのインタビューの中でも話してますが、

  • ムチ打ちの撮影の場面で、本当にムチが体にあたり、実際に大きな傷を受けた
  • 十字架のシーンでは、肩が脱臼を繰り返している状態だった
  • 肺炎で呼吸が困難で、本当の十字架刑の死因(=呼吸ができなくて死ぬ)の体験を味わった
  • 十字架に付けられている時に、雷に打たれて一瞬意識を失い、その時に自分を外側から見た、とおっしゃってます。雷で地も揺れた、とも。
  • 心臓もあんまり良くない状態で、ドクターに「この状態だと死ぬかもしれない」と言われたぐらいだったにも関わらず、撮影を続行したこと
  • 映画の撮影の後は、あまり人には言っていなかったが、心臓の手術をされたんだそうです

などなど・・・なんとも凄まじい撮影内容。まさに、イエス様のパッションの一部を、実際にご自分で体験しながら歩まれたかのようです。でも、この映画を中途半端な映画にはしたくない、と同時にいつも自分はこの大役に見合う者ではないと感じ、毎日祈って、撮影中も常に祈りつつで撮影を進めたんだそうです。すごいですね。。

彼のインタビューは、まるでイエス様ご本人が話されているかのようです。全て英語ですが、ぜひ見てみて下さい。

(コンピュータですと、YouTubeの設定で字幕を表示することも出来ますよ)

Happy Easter!

イースター、おめでとうございます!!

いやーー、めでたい、めでたい!!この日をどれだけ待ち望んだことか・・

復活の主に、栄光あれ!

empty-tomb-of-jesus

Jesus Christ is risen today. Alleluia!

 

Holy Thursday〜Good Friday〜Holy Saturday: Easter Vigil〜Easter Sunday、と怒涛のTRIDUUM(トゥリジュウムと読む。木、金、土と続く一連の教会行事)とEaster Sundayが無事終了しました〜。

いえ、私はクワイヤで参加したのみなので、歌えば良かっただけなのですが(曲数半端なかった・・)

・・一つ一つがあまりにも感動的で・・( ;∀;)涙々の4日間でした。

クワイヤのメンバーの一人が遠くをぼーっと見つめながら、ぼそっと言ってたのが印象的でした。

「まるで2000年前のあの時に立ち会っているような感覚だった。。」

まさにEasterを心から味わうための、その前のイエスの苦難を一緒に歩ませていただく、そんな雰囲気です。聖書朗読の箇所もものすごい量になります。でもその朗読も朗読者が雰囲気たっぷり読んでくれて、バックではオルガンの演奏や効果音なんかも今回は入っていて、雰囲気たっぷりでした。会衆もただ聞くだけではなく言葉を読む所が所々あったり、イエスが息を引き取る箇所では司祭も会衆も全員で跪いて、しばらく黙想するところがあったり、と、かなり参加型のミサですので、3時間(!)とかありましたが、あっという間に過ぎて行きました。

Holy Thursdayの最後の晩餐(洗足式と言って、司祭が信徒の足を洗う儀式が行われる)から始まり、Good Fridayのイエスの十字架、Holy Saturdayの夜、Easter Vigilでの復活(この日には洗礼式が行われます)、そして晴れやかに日曜日のミサで大いに復活の主を褒め称える!

この一連は、本当にスペシャルです。この感動はカトリックの伝統があるがゆえの、独特の雰囲気だと思いますね〜。ぜひお近くにカトリック教会があったら、ぜひ参加されることをお勧めします!

Happy Easter! 素晴らしい復活の主の祝福が、みなさんの上に大いに注がれますように!!

 

Easter Vigil Mass at St. Rosalie church

A photo posted by Ako Nishimura (@anishimu) on

Easter Vigil Massでは、始まりにキャンドルに火を灯し、プロセッション(マーチするように、みんなで列をなして歩きながら教会に入ってそれぞれの席につく)しました。この火は「光」として来られたイエス様を表しています。

この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。
光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。
(ヨハネ1:4-5)

オンラインレッスン開講

この度、オンラインで行うことのできる英語発音矯正と英会話のプライベートレッスンを開講しました。PCまたはスマホとwifiがあれば場所を選ばずにできるオンラインレッスン、ご自分のライフスタイルに合わせてご活用下さい。
→オンラインレッスンご紹介のページへ

アーカイブ

♫Gospel Songs 公開

今まで取り上げたゴスペル曲、および歌詞を、MP3 Musicページにて公開しています。

当サイト上部、または最下部にありますメニューのMP3 Musicよりご覧ください。
 →MP3 Music

なお各ページはパスワード保護されていますので、パスワードご希望の方はお問い合わせフォーム
よりご連絡ください。

練習キットページはパスワードなしでご覧いただけます。

sponsored link




Dropbox

Dropboxを活用しよう!もれなく500MBのボーナス容量がもらえます
→ Dropbox Sign up for free!

dropbox Logo