Ako's Family Ministries 活動報告 since 2010

O-1 VISA 取得への道 #1

2011年6月、O-1 VISAを取得してNYへ再度渡米してから、早7ヶ月が経ってしまいまいした。。早かったのか遅かったのか・・。

このVISAは特殊な技能を持っている人のためのVISAで、ミュージシャンとか調理師、寿司職人などに適切なVISA、一度取得すると3年間有効です。この度、VISAを取得するにいたった道のりを一気にまとめてみたいと思います。。

といっても実は、このVISAを申請しようかどうか、本当にギリギリまで迷いに迷って、それでも自分では答えが出せないから、ビザ申請にかけてみた次第。その前に取得した学生ビザの期限が近くなるに従って、これからどうしよう?NYに残るべきか、日本へ帰るべきか、ずっと悩んで悩んで、しかしもう決めなきゃいけない、って時に「ここまで祈ってきたんだから、後は神様次第、ビザがおりたらNY、おりなかったら日本へ帰る、というのが神様の御心としよう」と決めて、重い腰を上げたわけです。。

O-1 VISAを申請するまで

>> O-1 VISA

ビザ申請に関して何の知識もない私は、最初から弁護士に頼むことにした。最終的にはネットで探した日本人弁護士、Tさんにお願いすることにした。費用はなんと$4,000!しかも全額前払い。

以下はTさんとのやりとりの経緯↓

2011年2月28日:初めて事務所へ伺いミーティング。その後、もろもろの資料を準備する。

2011年3月23日:用意した資料を持参して再度弁護士とミーティング。

・自分のprofie
・自分のbiography
・今までの活動を証明できるイベントなどのチラシ(カラーコピーがbetter)と、その簡単な英訳をまとめたファイル
・CDの販売実績
・今までの活動での収入を証明できるもの
・NYでの活動の向こう3年間の予定(あくまでも予定は未定なので適当に作ってもOK)
・アメリカで活動している人からの推薦状を最低10通(必ず本人のサイン入りで)
などなど。

この時、Tさんから、記載が必要なVISA申請用の提出書類とペティショナー(雇用主)に関する必要事項=”Petitioner’s info” の項目などを受け取る。

2011年4月7日:日本帰国前日に最終的なミーティング。VISA申請に提出する書類を持参。しかしこの時にはまだ、Petitioner’s info の情報はもらえてない。

でも、できることは全部やり終えた・・・あとは弁護士にお任せするしかない、という状況で、学生ビザが切れる2日前ぐらいで帰国。それが4月8日

その後、弁護士から雇用主(私の場合は教会でした)にPetitioner’ info を何度催促してもらっても、向こうからは「個人情報なので公開はしたくない」の一点張り、とのこと。。。Tさんとも相談しつつ、結局、そんな大事な情報がないままでもビザ申請に踏み切ることにした。それが5月1日。Tさんの方で「ペティショナーからの情報、従業員の数とかインカムの数字は、Charityの団体ということで明確には提示しませんという形にしました。」としてくれた。

そんな未完了の書類なので、全くVISAがおりる自信はなかった。。案の定、待てども待てども弁護士からの連絡は来ず・・・

と、悶々としていた中、その1ヶ月後の6月8日、ついに、O-1 visaがapprovedされた、という弁護士からの知らせが届いた!!これには自分も本当に驚いた☆☆

→ 書類社会のアメリカではミスや不足、スペルミスでさえ見つかればすぐ排除される、というお役所システムで(red-tapeと呼ばれる)、にも関わらずVISAがおりるなんて、しかもこんなに早く・・・これは絶対にMiracle!、神様の導きに違いない!と確信した。ここまで本当に長かったーーー!なにしろ、神様の御心はNYなんだ、と知ることができて心の荷が下りた感じ・・・感謝☆☆

んがしかし、まだ終わったわけではなく、次はアメリカ大使館の面接に行かなきゃ・・・(◎_◎;)

というわけで、まだまだO-1 VISA取得までの道は続く。

Tagged on: ,

4 thoughts on “O-1 VISA 取得への道 #1

  1. mai

    こんにちは。私も現在O-1 visa申請希望の為、弁護士を探しています。
    もしよろしければ、Akikoさんが依頼された弁護士の方を教えていただけませんか?

    1. AKO Post author

      maiさん、

      O-1VISAの申請されるんですね。私がお世話になったT弁護士は、なんだかすでに連絡不通になってしまってるんですね。
      で、NY日本総領事館のHPで、日本語の通じる弁護士リストがあります、しかしNY近辺になってしまいますが、ご参考になれば、と思います。

      http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/l/bengoshi_list.html

      私はこの中のC・スティーブンホーン法律事務所と、Fink & Katz PLLCというところに行きました。どちらも日本語で親切に対応してくれますよ。

      がんばってくださいね!

      1. Mai

        もしよろしければ詳しくプロセスを教えてください!

        私は日本から申請しようと思っています。

        1. AKO Post author

          日本からですと・・やはりちゃんと弁護士さんに一度相談される方がいいと思いますよ。日本にもそういったことを取り扱う事務所があると思いますし。アメリカO-1visa取得希望ということで、いくつか当たって見てはいかがですか?私はネットで検索して、いくつかの事務所に費用はどれぐらいか、どれぐらいの期間がかかるのか、などを問い合わせ、返事が来た中で妥当な事務所を選びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください