Ako's Family Ministries 活動報告 since 2010

日本二十六聖人〜All Saints Day

11月1日はAll Saints Day(諸聖人の日)です

毎年11月1日は恒例の、All Saints’ Day、日本語では諸聖人の日、という祝の日です。この日には全ての聖人=天の国に入った、と教会で公に認められた人々、聖書に出てくる12使徒たちをはじめ、有名なところでは聖パトリック、聖アンソニー、聖ドミニク、私達の馴染みのあるところでは、マザー・テレサさんも聖人として認められています。

ウィキペディアによると、

諸聖人の日(しょせいじんのひ、ラテン語: Sollemnitas Omnium Sanctorum、英: All Saints’ Day)は、カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」(ばんせいせつ)と呼ばれていた。カトリック教会の典礼暦では11月1日。

ウィキペディアより

ハロウィンはこの祝日の前夜を意味するAll Hallow’s Evenです

そしてみなさんもお気づきでしょうが、ハロウィンはこの前日の10月31日、こちらの方が断然一般的に知られていると思いますが(この時期はおばけやらドラキュラやらで街中が飾られます)、このハロウィンも実はこのAll Saints’ Dayが由来するそうです。

ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が短縮された「Halloween」で、「Hallowe’en」とも表記される。
ハロウィンの由来は、古代ケルト人の秋の収穫感謝祭に起源があるといわれる。
古代ケルト民族の1年の終わりは10月31日と定められ、この夜には死者の霊が親族を訪ねたり、悪霊が降りて作物を荒らすと信じられていた。
そこから、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭りが行われるようになり、キリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンの行事となった。

http://gogen-allguide.com/ha/halloween.html

※ここでは「キリスト教に取り入れられて」とありますが、教会では世の中のようなハロウィンは祝いませんから!!💦

昨日がそのハロウィンだったのですが、思ったほどたくさんのTrick or treatの行列は見かけませんでした。でも学校が主導してこのイベントを行っているようで、地元の学校の周りでは、夜、たくさんの仮装した子どもたちと、それに付きそう大人たちで賑わっていましたね。

そんな人達を尻目に、私は10月31日の昨日の夜と、そして11月1日、今日の昼からのAll Saints’ Dayのミサに参加してきました。昨日の夜のミサに参加している人は本当に少なく・・ハロウィンに負けた!と思いましたが、今日は平日の昼間にも関わらずたくさんの人がミサに参加していてうれしかったです。心から聖人たちに感謝し、とりなしの祈りを願いつつ賛美してきました。

映画「日本の26聖人」

司祭がそのミサ中のメッセージの中で「諸聖人の祝日にちなんで、聖人の一人を選んで、しっかりその人について調べてみよう」というのがありました。確かに・・と、ふと考えまして🤔

やはり日本人だから、日本人の聖人を調べてみよう、と思いついたのが「二十六聖人」。少し前に公開された、遠藤周作原作の映画「沈黙」も思い出されますね。

と、調べているうちに見つけたのがなんと、昔に二十六聖人についての映画が作られていたようです。なんと昭和6年!!YouTubeで見つけましたのでこちらにシェアさせていただきますね。

「NIKKATSU STUDIOS」の文字もありました。日活で作られたのですね〜、興味深いです。

鼻と耳を削ぎ落とされ・・・

このような記述を見つけました。。

秀吉のキリシタン禁止令命により捕えた24人の修道会士と信者達は、見せしめのために鼻と耳を削ぎ落とされ、京都の目抜き通りを牛に引かせた荷車に乗せられて引き回わされ長崎へ向かいました。

途中でイエズス会の世話役ペトロ助四郎と、フランシスコ会の世話役伊勢の大工フランシスコ、 2名も捕縛され殉教の列に加わり26名となった。

若い修道士フィリッポ・デ・ヘススが槍で突かれ、最初の血を流しました。
アントニオとルドビコの2人の少年は賛えの歌「子らよ、主をたたえよ」を歌い、その歌声が終わるか終わらぬうちに槍で突かれました。

次々に処刑は進み、最後にペトロ・バプチスタ司祭が尊い血を流して、処刑は終わりました。

その後、鎖国が終わりキリスト教への迫害が終わるまでに、西坂の丘では600人を越えるキリスト教信者の尊い血が流されました。

1862年6月8日、教皇ピオ9世によって26人の殉教者は聖人の列に加えられました。

https://youtu.be/2fFeQ9GsvT8

しかし殉教した方たちは全て、天国に入っているはずですね!その信仰に励まされる思いです。

聖パウロ三木も26人の中にいました

以前にまとめたこちらの記事、聖パウロ三木さんも、この26聖人の中におられました。

▷聖パウロ三木

日本のため、世界のためにとりなしの祈りをお願いします!!と祈ります

今、本当に教会が大変な状況にあり、なんとカトリックトップのバチカンで、教皇フランシスコをはじめ、多くの聖職者と異教徒たちが集まって、アイドル(日本語のアイドルの意味ではなく、異教徒の神の像の意味です)を持ち込み、公に崇拝する儀式をしたとして大問題になっています。ほんっとに、世も末ですよ。。(涙)

どうか二十六聖人を始め、天に入られた聖人たちに、日本のために、また世界のためにとりなしの祈りを願い、祈りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。