Ako's Family Ministries 活動報告 since 2010

柏・流山市民クリスマス2017・リポート

あっという間にもう1月が終わりますね〜

東京では大雪で大変だったようですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こちらNYでは、1日ブリザードはあったものの、その後、まとまった雪も降らず
雨もかなり降ったおかげで、ほとんど雪は残っていません。

陽気も、なんだか冬がすでに終わったかのような、寒さの和らいだ日々です。

本来は一番寒い(2月がピークなんだそうですが)時期にも関わらず、
ありがたいやら気味が悪いやら・・です。

 

さて滞っている報告を再開したいと思います(汗)

 

柏・流山市民クリスマス・チャリティーコンサート

こちらに、そのコンサートのチラシを載せましたが、
2017年度が9回目、となる毎年恒例のコンサートのようですね。

その今回メインゲストが、いつもお世話になっている柏グローリーチャペルのお二人、

レインボーミュージックの佐々木潤さん&静さん(ご姉弟)のお二人でした。

そうなると、同教会で潤さんが指導しているKGCクワイヤももちろん登場する、
ということで、帰国のたびにこちらで指導させていただいている私も、
クワイヤの指揮としてコンサートでお手伝いさせていただくことになりました。

 

チームで舞台づくり

会場に入ってみて、そのスタッフの多さにまずビックリでした。

舞台監督さんを始め、音響のスタッフの方々、照明のスタッフの方々、
また舞台に映し出されるプロジェクターのきれいな絵やムービー、
歌詞などをオペレートする方、

それはそれは、たくさんの方が忙しそうに動いていて、
ただただすごいな〜〜と驚嘆するばかりでした。

(個人的に、昔やっていた宮地楽器の毎年恒例のクリスマスコンサートを
彷彿させるものでした)

また出演者もとてもたくさんだったので、リハーサルも押せ押せで、
その限られた中で、私としては、当日初めてお会いするバンドの方々
(ドラムとベース)と、クワイヤと合わせなきゃいけないので、
かなり緊張しましたが、みなさん、とても良い方ばかりで、
優しい目で見ていただき、なんとかリハーサルを終えることが出来ました。

レインボーのお二人も、舞台なれしているのか、大きな舞台でも動じず、
それはそれは堂々と演奏していて、とても素敵でしたね〜〜❤

クワイヤも、また地元の聖歌隊の方々も、一生懸命歌ってくださって、
これで本番もばっちり!あとは、私が構成などを間違わずに指揮すればいいだけ!
みたいな状態でリハーサルを終えました。

 

バラエティに富んだ、そして愛あふれるコンサートでした

いよいよ本番が始まり、最初にゴスペルフラのパフォーマンスがあったのですが、
私はそれを舞台袖から見ていて、その美しさと皆さんの笑顔、
そして愛を感じましたね〜、みなさん本当に輝いていて、本当に感動しました。

その後、市民聖歌隊によるクリスマスソング、レインボーのお二人、
KGCクワイヤ、市民クワイヤも加わったマスクワイヤ、
そして親子クワイヤも加わり、最後には舞台が人でいっぱいになりました。

会衆賛美では会場のみなさんも一緒に歌ってくださり、
会場全体が一体となったコンサートとなりました。

裏でずっと動いてくださったスタッフのみなさんの働きによって、
全てがスムーズに、また出演者もそれぞれ、力を出し切れることが出来た
コンサートになったと思いました。

それもこれも、全て、
聖書のメッセージを伝える、クリスマスの本当の意味をみなさんとシェアする、
という一つの目的のために、
関わる全ての人ががんばったんですよね。

素晴らしいな〜と思います。

この日、だけではなく、このコンサートのために、きっとそれまで、
たくさんの祈りがあったのだな、と思います。
その祈りもしっかり実を結んだと思います。

素晴らしいクリスマスを本当にありがとうございました〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。