Ako's Family Ministries 活動報告 since 2010

東京 Ako’s Family ワークショップ

昨日、久々にジョギングしたら、めっちゃ身体が疲れて今日はお休みした、やはりまだまだヘタレのAKOです。

続いて、東京で行われた、Ako’s Familyのワークショップのご報告です。

今年、2017年は特に、Ako’s Familyがスタートして20周年!という記念すべき年なんですね。何かイベントができれば、と、Dさんもいろいろと会場を当たってくれていますがなかなか難しいようです。ぜひお心当たりのある方は、Dさんへお知らせ下さい!!

 

東京でのワークショップ・曲目

今回は、5/25, 30, 6/6,14 の、合計4回行われました。場所はいつもの文京シビックセンターB1多目的ホールです。今回は新しいメンバーも何人か来てくださいましたね。Ako’s Familyのメンバーは忙しい方が多く、ワークショップ参加がなかなか難しい方が少なくないようです。どうかみんなの身体・心が守られるように、と祈らざるを得ません。。神様の守りがいつもありますように!!

さて、今回は特に、滋賀でのコンサートにも参加できるように、と、コンサートでの課題曲の復習を含めた曲目になりました。Ako’s Familyからは2名のコンサート参加者がいましたね〜、Terrific!

合計4回のワークショップでカバーした曲目はこちら

  • 我を呼べば
  • Hail Holy Queen
  • Lord, let Your mercy be on us
  • Go make a difference
  • I need you to survive(手話を含めた復習)
  • Cover me

<新しくやったことの覚書>

  • Go make a differenceは、AKOが日本語に訳したバージョンで歌いました。
  • I need you to surviveは、手話の一部が変更されました。手話先生のMさん、ありがとう!
    • 誰も→右手の手の甲側で、右の頬を軽く叩くようなモーション
    • 一人じゃない→左手の親指を立て、右手で親指の周りをぐるっと丸を描く:孤独を意味する手話
    • 満たされてゆくよ→左手で壁を作るように縦にして、その上を水が溢れるような感じで右手で覆うようなモーション
  • Cover meは、最後まで全て歌いきりました!

Cover Me が、今回WSのテーマだった気がします

今回は、私は個人的にこのCover me が本当に心にぐっときましたね〜、なんという神様の恵みを美しく、しかし深く深く表している歌詞だろうか!と思います。この点、英語は実にいいですね〜、表現をストレートにしても全然歌に違和感が出ませんもんね。日本語の訳詞を作りたい気持ちはやまやまですが、この英語の感じがとても美しいので、この曲に関してはこのまま英語で行きたいと思います。

その代わり、みんなにお配りした歌詞カードには、日本語訳を付けた状態でお渡ししました。その内容を何度も読んでくださり、歌詞の内容をぜひ噛み締めてほしいな〜と思いまして。

ぜひいつか、この曲をコンサートで演奏できますように!!そしてたくさんの方に、この内容をシェアしたいです。

 

賛美&バイブルスタディー

また、メンバーの何人かからの熱望で、実にこじんまりと、ですが、賛美&バイブルスタディーを持つこともできました。私はその要望を聞いて、もちろん即OK!正直、こういった要望は本当にうれしかったです❤

2時間あったんですが、時間が余っちゃったら、それはそれで・・なんて話していたぐらいなのに、やってみたらあっという間に過ぎてしまい、最後は巻き巻きでやったほどでした。

まず、Ako’s Familyのレパートリーを含めた何曲かを賛美、そして聖書朗読。この聖書朗読は、カトリック教会で使われている”MISSAL”という、日々のミサで読まれる聖書箇所がありまして、その日の分を読みました。

そして最後には、このブログでも以前ご紹介した、「Chaplet of Divine Mercy」を、YouTubeで公開されている、イエスの痛ましいお姿を見ながら一つ一つ説明し、そしてみんなで祈りました。この祈りは本当に、今の時代にとてもパワフルに神様に届く祈りだと、私は信じています。また、私たちだけでなく、全世界で必要とされている祈りです、ぜひぜひ、継続して祈っていきたいです。

次回、日本に帰国した際には、またこういった会を持ちたいと思っています。私の信仰上、カトリックの流れが強いものとなってしまいますが、ご希望の方はぜひお声をかけてくださいね。今回みたいに、こじんまりとしている方が、内容がより濃くできるような気がしますので、大人数でなくて全然構いません。

みんなでぜひ、聖書を、祈りをもっと学んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。