Contact | info@akos-family.net

なぜカトリック教会では、聖母マリアに祈るのか

前回の記事でご紹介した、こちらの記事、

Why Catholics (and other Christians) Pray to the Blessed Virgin Mary
なぜ、カトリック教会(と、その他のクリスチャンたち)は聖母マリアに祈るのか

という記事を日本語訳にしてご紹介しますね。

(読みやすい日本語になるように、かなりがんばったのですが・・・やはり直訳にほぼ近い文章になってしまいました、ごめんなさい。。)


カトリックではない人々、そのたくさんの人たちは、子供の頃からこのように教えられています、

カトリック教理の間違い、その明らかな証拠は、聖母マリアに対する光栄や敬意、そして聖母に捧げられる数え切れないほどの信頼と祈りである、と。

しかし同時に彼らが、カトリックの、マリアに対する献身の、正真正銘の基盤は何なのかを学ぶ時に、最終的に、彼らがカトリックになる、という結果に行き着くことも事実、あるのです。

どうしてそのような事が起こるのか・・その理由はとてもシンプルで明確です。

それは全て、この2つの真実に含まれています。

 

1.マリアは神の母である

まず第一に、マリアは、神の母(ルカ1:43)です。

神が、その母を持つことを、衝動的に決めた、とはカトリックは信じていません。神は、母を持つことをあらかじめ選んでいた、とカトリックは信じています。

神は、彼の、人としての身体を、彼女の胎の中で形作ることに対して、彼女を選び、許可を与えたのだ、と考えます。(ルカ1:35)

また神を、小さな赤子としてこの世にもたらす事を彼女に許可し、そして、彼女の胸から彼に乳を飲ませ、彼女の腕の中に彼を運び、危険から彼を守り、そしてどの子も教わるように、彼女から歩き方、話し方、祈り方を教えることを、神は選んだのです。

聖母マリアが、愛によってのみ、彼に関する全権を握ることを、神は選んだのです。(ルカ2:51)

その母を選ぶ、という時に、神の御子は、良き母の愛は常に、良き息子にその全権を行使でき、その母が彼の意志に対する全権を握ることをゆるす、その事を御子が選んだのだ、とカトリックは信じています。

2. 聖母マリアは全ての人の母

第二に、マリアは全ての人の母です。

罪にまみれた、全ての人の子どもたちを、イエスの兄弟姉妹として、その母が受け入れられるために、神の御子は、母を通してこの世に来ることを選んだ、とカトリックは信じています。

またイエスは、どのように彼女が敬われ、愛されるべきなのか、のお手本を示しました。

イエスは彼女を、全ての人の母親として整えられるため、彼女に、全ての想像できる限りの、全ての痛みに苦しむ(ルカ2:35)事を彼女に頼みました。それは彼女の子どもたちに対する悲しみ、同情を彼女に教えるためでした。

彼女はイエスのたった一人の母、イエスは彼女を痛みから救う事ができたでしょう、なぜなら彼はそのような力を持っていたし、彼は彼女を無限の愛で愛していたからです(しかし、そうはなさらなかった)。

イエスは、第一の公の奇跡を、彼女からのリクエストによって行いました(ヨハネ2:1-11)。また、彼が死を迎える時には、彼女はすでに、全ての人の母となるように、最初から定められている事を、マリアに再度伝えました(ヨハネ19:27)。

このようなわけで、聖母マリアは、母がその子どもの幸せを願うことに熱心であるのと同じように、イエスの兄弟姉妹である私たちのたましいと、身体の問題において、助けることを熱望していることを、カトリックは信じているのです。

ピエタ像

 

カトリック(また、他のクリスチャンたち)が唱えるロザリオは、これら2つの真実にある、彼らの信仰の表現です(ルカ1:48)。

もしマリアが、彼女の息子であり、神の御子であるイエスに、私たちの代わりとして話してくださる時、私たちの祈りの応えを受けることを、私たちは知っています、そしてそこには疑いの余地はないのです。

ロザリオの祈りをお勧めします

最近、つくづく感じているのが、ですね。。

アメリカからも、自宅からも離れているからなのか、なんというか・・・

心なしか、気持ちがせかせかしている自分がいます。

毎日、毎日、TVの音は騒々しく。。

テレビから流れる情報番組では毎日同じことばかりが
繰り返し、繰り返し放送され、

その内容のほとんどが、なんだか「重箱の隅をつつく」ようなことばかり。

電車に乗れば広告の洪水(電車の中でもやっぱりテレビだし!)

人の波、時間との追いかけっこみたいになってる毎日。。

まあ、私は仕事柄、歌、しかもゴスペルを歌うので、
ゴスペルを歌っている間は、自分の軸がピチーッと戻る気がしますので、
それでなんとか自分を保てているというか・・救われてます。

いや〜、アメリカかぶれ、と言われればそれまでですが、

少なくとも、向こうにいる時の方が、もっと、
時間の流れに合った生活を送れているカンジがするのです。

いや、忙しいことは忙しいんですよ、向こうでも。

でも、なんでしょうね〜・・向こうにいる自分とはまた違う自分が、
日本にいますね。

 

なぜ、ロザリオを祈るのか

そんな中で、毎日、少なくともトライするのが、ロザリオの祈りなのです。
私は夜寝る前に、しっかりと気分が落ち着けてから祈るようにしています。

ほとんど、布団の中に入ってから祈るので、
だいたい途中で寝てしまいますが(爆)

しかりこのロザリオの祈り、同じキリスト教でも、
プロテスタントの教会ではほとんど知られていません。

なぜなら、イエス様のお母さん、聖母マリアに祈っているからです。
マリアに祈るのは間違っている!と思われているのだと思います。

しかし、この祈りは、厳密に言えば・・・

聖母マリアに祈っている、というよりも、聖母マリアを通して、祈っている
と言ったほうが正解だと思います。

その理由を、あるウェブサイトで分かりやすく解説してくれていましたので、
日本語訳に訳して、次回の記事で紹介したいと思います。

原文はこちら:
Why Catholics (and other Christians) Pray to the Blessed Virgin Mary

光のコンサート、いよいよ来週です

ここの所、ぐぐっと気温が下がって、かなり寒い日が続いております。もう本格的な冬の到来!という感じですね〜。

体調を崩される方が多いんじゃないでしょうか?ぜひ身体を温かくして、栄養と休息をしっかりと取って、体調管理にお気をつけくださいませ。

私は、風邪も引かず、健康が守られております、感謝です!

さて、来週にせまってまいりましたが、12月1日〜3日に行われる、朗読劇「戦場のクリスマスキャロル」のリハーサルを、昨日、イベントの会場である、中野パークサイドチャーチにて、ピアノの瓜生恭子ちゃんと共にさせていただきました。

(会場を貸して下さる中野パークサイドチャーチ、そしてスタッフの方々に心から感謝します)

恭子ちゃんとはネット上でのやりとりはずっとしてきたものの、やはり顔と顔を合わせて、一緒に演奏する、というのは全然違う感動がありました。やはり音楽とは、その場で、ライブで一緒に奏でるところにすばらしさがあるな、とあらためて感動しました〜。

この朗読劇を通して、どのような大変な状況の中にあっても、神様の愛と平安は変わらず私たちに与えられている、そして、その神様の愛の最も偉大な表れとして、イエス・キリストがこの世にお生まれになった、そのことをお祝いするのがクリスマスなんだ、というメッセージを、たくさんの方々と分かち合いたい、と心から願っております。

(なんでも、クリスマスの意味をよくわかっておらず、サンタの誕生日、と思っている方もおられるとか・・それはちょっと悲しいです(涙))

2人で作ったオリジナル曲に合わせて、定番のクリスマスソングたちを挿入歌として入れながら、また小西由美さんというイラストレーターの方の、この作品のために描いてくださった素晴らしい絵と、江橋摩美さん(12/3)、執印徳枝さん(12/1)、というプロの方の朗読という形で、いつまでも心に残る、クリスマスにちなんだ感動的なストーリーをお届けします。

ぜひご期待くださ〜い!


The Salt of The Earth Mission presents
『2017年 クリスマス 光のコンサート Vol.1』

●日時;
12月1日(金) 開場 18時30分 開演19時00分(戦場のクリスマスキャロル)
12月2日(土) 開場 14時30分 開演15時00分(ダニエル)
12月3日(日) 開場 17時00分 開演17時30分(戦場のクリスマスキャロル)
★ハンドベル演奏は3日間ともございます。
★全公演に視覚障害の方の溜めの音声ガイドがございます。
★12月2日の演目は異なり、AKOの出演はありませんので、ご了承ください。

●場所:キリスト同信会 中野パークサイドチャーチ
(〒164-0001 中野区中野1-45-12)

●チケット予約受付:hikarinoconcert@gmail.com

●チケット料金;一般(前売・当日共に);2,500円
★小学生以下のお子様は1,000円

瓜生恭子ちゃん(左)とAKO(右)

オンラインレッスン受講者さんからの声を公開

今年10月で一区切りした、初の試み、英語発音矯正オンラインレッスン、

その貴重な受講者さんからのアンケート回答や、実際の送っていただいた音声の始めた頃と3ヶ月後、というのをまとめ、受講者さんの声、というページにまとめ、公開しました!

(公開に際して、御本人に確認を取った上で公開しています、ご安心ください)

こうやって聞いてみると、やっぱりみなさん、それぞれにしっかり上達していますよ〜

ぜひその違いをあなたの耳でもご確認ください。

そして、レッスン受講検討の参考にしてみてくださいませ。↓↓

受講者さんの声

発音矯正オンラインレッスン、第1期無事終了

8月から始まったAko’s 英語発音矯正オンラインレッスンの3ヶ月目も終え、10月末日をもって一応、第1期のプログラムを完走することができました!

受講者さんたちみなさん、きっとこの3ヶ月間は大変だったと思うので、それぞれの安堵感は半端ないんじゃないかな〜と思ったりしておりますが、私は無事に最後までやりきることができた、という達成感と充実感でいっぱいです!本当にありがとうございました!あとはそれぞれ受講者さんたちの日本での個人レッスンを残すのみとなりました。

私も、このレッスンを通して本当にたくさん学ばせていただきました〜。みなさんがすごくがんばってくれて、提出されてくる音声を聞くたびに発音が良くなっているのがわかると、こちらが感動してしまい、時々(まじで)泣けてくることもたびたびありました。

またこのプログラムをやるようになって、歌が歌いやすくなった、声が以前よりも出るようになった、とか、この個人的なレッスンを受けなかったら自分の発音のくせに気づくことはなかった、くせを直せてよかった、などの感想をいただいたりすると、それだけでもこのプログラムを初めて良かったな〜と幸せ感ひとしおです・・・(T_T)

やっぱり・・・こういうのは個人的にじっくりと見る必要があるんですよね、大人数になってしまうと個人的な発音のくせまでは到底見ることはできませんから。。

(今、受講者さんたちにアンケートを取らせていただいているので、その内容も本人に承諾を得た上で、追ってこのサイトでもご紹介していきたいと思っています)

また、どちらかというと発音矯正重視で始めたため、「発音訓練がメイン、その実践としての歌」という位置づけでしたが、あまりに発音を重視するあまり、取り上げた内容がもしかしたら難しすぎたかな〜、という部分も否めず・・少々反省しております。。

今回の経験を通して、次回に向けて改善していきたい、もっともっと、初心者の方から広くトライしていただけるように、もっと内容をシンプルに、簡単にして、「歌の実践を中心に、それに合わせた発音矯正の訓練」という位置づけで再スタートしようか、と今思案中です。

いずれにしても、Amazing Grace、というゴスペルの王道とも言うべき曲を、一人でも多くの方に歌っていただいて、その歌詞の内容を英語で、深く、じっくりと味わって歌えるようになっていただきたい、そしてそのための発音訓練を合わせたプログラムをぜひこれからも継続して提供していきたいと思っております。

それにしても、発音はやればやるほど奥が深い!一人ひとりによって癖があったり、得手不得手があったり、私自身の発音に対する気づきや学びも未だたくさんありますね〜。こうやって教えているけど、きっと私が一番学んでるんだろうな〜と思うこともしばしばです。これからも、私自身もっと成長させていただきつつ、もっとプログラム改善して、育てていって、一人でも多くの方と、Amazing Graceの素晴らしさをシェアしていけたら、と願っています。

今回の受講者さんたちの健闘に、心から感謝します!

一緒に最後までがんばってくれて、本当にありがとうございました!!(涙)

 

オンラインレッスン開講

この度、オンラインで行うことのできる英語発音矯正プライベートレッスンを開講しました。PCまたはスマホとwifiがあれば場所を選ばずにできるオンラインレッスン、ご自分のライフスタイルに合わせてご活用下さい。
→オンラインレッスンご紹介のページへ

Twitter でフォロー

Dropbox

Dropboxを活用しよう!もれなく500MBのボーナス容量がもらえます
→ Dropbox Sign up for free!

dropbox Logo