Contact | info@akos-family.net

SOTE公演@檜原福音教会

そして今回の日本滞在最後のイベントになりました、

12月17日に檜原福音教会で行われたThe salt of the earth mission公演、
戦場のクリスマスキャロル、のリポートです。

「東京のスイス」という呼び名があるほどに、同じ東京都は思えない、
自然豊かな場所にある、こちらの教会。

なんでも東京都の中での、唯一の村がこちら「桧原(ひのはら)村」なのだそうです。

今回、私にとっては桧原村ももちろん初めて、そしてこの教会にも初めて
伺わせていただきました。

それはそれは、みなさんにとても温かく迎えていただきました、感謝です。

 

プロジェクターとPCとの不具合にもめげず・・

SOTE(The salt of the earth missionの略です、ぜひ覚えてね!)の二人で、
午前中の礼拝から、賛美のお手伝いをさせていただきました。

が、私がまったく声が出ず!!(朝も早かったせいか喉がボロボロで・・)
本当に申し訳ない状態で、クリスマス曲を会衆賛美で歌わせていただきました。

そして教会でご用意いただいたランチをはさんで、
その午後に公演があったのですが、始まってみたら本当にたくさんの方々に
集まっていただいて、びっくり!本当に感謝でした。
教会の方々ががんばって宣伝してくださったおかげですね。

いよいよ公演が始まって・・食事でしっかりパワー補給したせいか、
午後になったら私の声もかなり出るようになっていて、
オープニングの曲でも無事歌えて、安心した矢先・・・でした。

なんと、イラストを映し出しているプロジェクターとPCとの不具合で、
いきなり、映像が映らなくなってしまう、というトラブル発生。

どうしたらいいのか私も対応に困って、どうしよう・・・とおろおろしていると、
この状況に機転を利かせて、すかさず助けてくださったのが、
このイベントを最初からいろいろとご協力いただいていた、
こちらの教会の聖書教師でもある奥田さん、でした。本当に助かりました〜。

奥田さんのアナウンスで、ひとまず一時中断し、その不具合を直し、
またやっと直って、無事再開!という時に、これまたプロのアナウンサーで、
今回朗読をしてくださった江橋摩美さんが、その場を取り次いで、さらに
場を和ませてくれるようなしゃべりで繋いでくださって、スムーズにその後を
続けることが出来ました。さすがプロ、心強いです〜!

その後は最後までトラブルもなく最後まで無事通すことができました。

 

涙涙の回でした

私も、今回の滞在で最後のイベントだったからのか、
はたまた、SOTEでの最後の公演だったからなのか、よくわかりませんが、

歌っていて、その登場人物の気持ちにかなり共鳴してしまい、
最初から最後までずっと感情的になって、もう涙涙の状態で終始歌いました。

クリスマス曲の「もみの木」を歌う場面があったのですが、これ、
ドイツ兵が歌う、という場面なので、ドイツ語でも歌うので、
内容的にも特に感情的になる歌でもないし、
ドイツ語の発音だけでいっぱいいっぱいなので、
それまで感情的になった事は一度もなかったんですが、

やはり涙があふれて止まらず、涙で歌詞は見えなくなるし、
本当に歌うのが大変でした。。自分でも不思議でしたね〜。

そんな気持が伝わったのか、観客の方にも何人も泣いておられる方が
いらっしゃいました。

 

パフォーマンスだけではなく、大切なメッセージを届けたい

多少のトラブルはあったものの・・それもまたライブならではの味ですよね。

もともとこの物語はとてもパワフルで、メッセージ性の強いストーリーでしたので、
パフォーマンス的なことや表面的なこと、だけではなく、

この物語の言わんとしているメッセージを、しっかりとみなさんと
シェアできたのではないかと思っています。

そのことには本当に感謝しています。。(T_T)

また、その背後には、きっとこの公演のために教会の方々の、
それまで積み上げられてきた祈りの力も、とても大きかったと思います。

そのことを感じて、その感動でも、きっと心が揺り動かされたのだと思います。

本当に素晴らしい公演となりました。

 

奥田さんを始め、関わってこの公演を一緒に作り上げてくださった教会の皆さん、
そしてご来場いただいた皆さん、SOTEのメンバー、

本当に素晴らしい時間をありがとうございました!!

右から、江橋摩美さん、恭子ちゃん、AKO

 

楽屋にて:プロジェクター担当の恭子ちゃんの姪っ子さんと一緒に

 

 

SOTE主催 光のコンサート2017@中野パークサイドチャーチ

今年12月1日〜3日の3日間、SOTEこと、The salt of the earth mission主催の公演第一弾、

「戦場のクリスマスキャロル」そして「ダニエル」が、無事に終了しました。

第一回目、ということもあり、準備の至らない点も多々ありましたが、経験豊富な、このプロジェクトのパートナーである瓜生恭子ちゃんにおんぶにだっこ状態で、なんとか本番を迎えることが出来ました。

私は個人的に、二日目のダニエルの方には関わることはできませんでしたが、蓋を開けてみれば一番観客数が多い公演となったようです。素晴らしいですね!

また公演初日(戦場のクリスマスキャロル)に来てくださった方が、あまりにも内容がいいので、また3日目に、お友達を誘って再度見に来てくださった方もいたようです。

私自身、このストーリーを聞きながら、登場人物などにかなり感情移入をしてしまい、また感動し、歌いながら涙が止まらないことも何度もありました。。

そうなんです、こういう、ストーリー性のある作品が作りたかったんです!!

正直、かなり大変でしたが、その夢がかなって、本当に感謝でした。

また中野パークサイドチャーチのスタッフの方にも大変良くしていただき、音楽朗読劇に欠かせないプロジェクターを貸してくださったり、舞台の設営などにも本当にご協力をいただけました。本当にありがとうございました!

音楽作りとCD制作に向けて

演目の題材が決まり、音楽制作に着手したのが・・今年の夏頃だったでしょうか。恭子ちゃんが脚本とともに挿入歌も書いてくださるんですが、そこに私も少し入って、音楽制作に携わりました。

私はNY、彼女は韓国在住、ということで、全てはインターネット上でのやり取り、ファイル共有などサービスを使った作業でしたが、うまくいくもんですね〜。今までのOGSのCD制作でもずっとやってきたことだったので、その経験がここでも生かされました。

公演後に、今回のCDはないんですか?との声も多々あったようなので、同じくインターネットのやり取りで、これから、戦場のクリスマスキャロルをCDなどの作品に作っていく予定です。どうぞお楽しみに!

朗読劇と音楽のコラボ

今回は、ストーリーのナレーターに、江橋摩美さん、執印徳枝(しゅういんのりえ)さん、をお迎えしました。プロのお二人の、それぞれのナレーションを聞けて、私も感激でした。

摩美さんはPBA(一般財団法人 太平洋放送協会)のアナウンサー、のりえさんは舞台女優さん、ということで、カラーの違うお二人です。それぞれお二人のおりなす、情感あふれる語りに乗せて、恭子ちゃんの即興のピアノの音色が絡まり、本当に流れるようなストーリーになりました。

そこに私の歌が、要所要所に入るわけですが、いい意味で、歌が全てを物語る、というか、ストーリーと登場人物の感情、情景などがストレートな言葉で言い表すことができるので、歌、というツールを有効に活用することができたんじゃないか、と思いました。

今までずっと模索していた、歌のパフォーマンスだけ、ではなく、何かもっと・・・という歌の有効活用が、ここに見いだせたような気がしました。うれしいな〜。。

イラストと効果音、視覚障害者ガイド、などの助けを借りて

また、素晴らしかったのが、このストーリーのために書き下ろされた、小西由夏さんのイラストです。彼女はもともと水墨画がメインの画家さんなのですが、戦場のクリスマスキャロルについてはカラーで、しかもその色の出方のニュアンスから、特別な絵の具を使っての作品だったそうです。

その作風は独特で、当時の主人公の思いとか背景が、すごく絵に表されていたと思いました。そのイラストにも大いに助けられました。

ストーリー中に出てくる、ポインセチア

 

そして、ほんの少しの効果音を使ったことも、その場の空気を一気に変えることが出来たので、かなり効果大でしたね〜。

視覚と聴覚との刺激が、こんなにも場面をドラマチックに作ることができるのだ、と、その効果の大きさを学びました。大事ですね、こういうことって。

また、今回私も初めて知ったのですが、視覚障害者の方も楽しめるように、音声ガイドを付けたサービスも行っていました。歌舞伎でも音声ガイドサービスがありますよね、あんな感じです。このサービスのコーディネーターでもある、鯨エマ(くじら えま)さん、という方が別室で、視覚的な部分をその場で解説し、サービスを受ける方は専用をイヤホンを付けて、それを聞きながら楽しむ、というものでした。

こうして、さまざまな助けをお借りして、今回の公演が素晴らしいものになったのですね。

ハンドベルとの共演

そして、今回の公演に欠かせなかったのが、ハンドベルの演奏でした。

クリスマス公演、ということで、ハンドベル演奏による美しいクリスマスソングがオープニングに演奏されたのですが、いや〜・・いつ聞いても、ハンドベルの音色には心が洗われますね。。

また最後に、出演者全員と会場の皆さんと一緒に、ハンドベルの演奏で「きよしこの夜」を歌ったのですが、それはそれは美しかったです。感動的でした。

人数が多い上に、この忙しい時期・・全員揃うのも大変な様子でしたが、本番では本当に素晴らしい演奏を聞かせてくださいました。アチェーロのみなさん、ありがとうございました!

ハンドベルクワイヤ、アチェーロのみなさんと@中野パークサイドチャーチ

 

ということで、無事にSOTE第一回目の公演が無事に終わりました。来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!

2018年も、また新たな作品を作っていく予定です。SOTEの活動をこれからも、ぜひぜひ応援してください!よろしくお願いいたします。(#^.^#)

光のコンサート、いよいよ来週です

ここの所、ぐぐっと気温が下がって、かなり寒い日が続いております。もう本格的な冬の到来!という感じですね〜。

体調を崩される方が多いんじゃないでしょうか?ぜひ身体を温かくして、栄養と休息をしっかりと取って、体調管理にお気をつけくださいませ。

私は、風邪も引かず、健康が守られております、感謝です!

さて、来週にせまってまいりましたが、12月1日〜3日に行われる、朗読劇「戦場のクリスマスキャロル」のリハーサルを、昨日、イベントの会場である、中野パークサイドチャーチにて、ピアノの瓜生恭子ちゃんと共にさせていただきました。

(会場を貸して下さる中野パークサイドチャーチ、そしてスタッフの方々に心から感謝します)

恭子ちゃんとはネット上でのやりとりはずっとしてきたものの、やはり顔と顔を合わせて、一緒に演奏する、というのは全然違う感動がありました。やはり音楽とは、その場で、ライブで一緒に奏でるところにすばらしさがあるな、とあらためて感動しました〜。

この朗読劇を通して、どのような大変な状況の中にあっても、神様の愛と平安は変わらず私たちに与えられている、そして、その神様の愛の最も偉大な表れとして、イエス・キリストがこの世にお生まれになった、そのことをお祝いするのがクリスマスなんだ、というメッセージを、たくさんの方々と分かち合いたい、と心から願っております。

(なんでも、クリスマスの意味をよくわかっておらず、サンタの誕生日、と思っている方もおられるとか・・それはちょっと悲しいです(涙))

2人で作ったオリジナル曲に合わせて、定番のクリスマスソングたちを挿入歌として入れながら、また小西由美さんというイラストレーターの方の、この作品のために描いてくださった素晴らしい絵と、江橋摩美さん(12/3)、執印徳枝さん(12/1)、というプロの方の朗読という形で、いつまでも心に残る、クリスマスにちなんだ感動的なストーリーをお届けします。

ぜひご期待くださ〜い!


The Salt of The Earth Mission presents
『2017年 クリスマス 光のコンサート Vol.1』

●日時;
12月1日(金) 開場 18時30分 開演19時00分(戦場のクリスマスキャロル)
12月2日(土) 開場 14時30分 開演15時00分(ダニエル)
12月3日(日) 開場 17時00分 開演17時30分(戦場のクリスマスキャロル)
★ハンドベル演奏は3日間ともございます。
★全公演に視覚障害の方の溜めの音声ガイドがございます。
★12月2日の演目は異なり、AKOの出演はありませんので、ご了承ください。

●場所:キリスト同信会 中野パークサイドチャーチ
(〒164-0001 中野区中野1-45-12)

●チケット予約受付:hikarinoconcert@gmail.com

●チケット料金;一般(前売・当日共に);2,500円
★小学生以下のお子様は1,000円

瓜生恭子ちゃん(左)とAKO(右)

クリスマス 光のコンサート 詳細をアップしました

以前の記事でも紹介した、瓜生恭子ちゃんとのチーム、The salt of the earth mission企画の公演第一弾、クリスマス 光のコンサート vol.1の詳細を、別ページにまとめました。

The salt of the earth mission (メニューにあるNEWSからもご覧いただけます)

チケット申し込み受付もすでにスタートしております。

ぜひみなさまのお越しをお待ちしておりまーす!

オンラインレッスン開講

この度、オンラインで行うことのできる英語発音矯正と英会話のプライベートレッスンを開講しました。PCまたはスマホとwifiがあれば場所を選ばずにできるオンラインレッスン、ご自分のライフスタイルに合わせてご活用下さい。
→オンラインレッスンご紹介のページへ

アーカイブ

♫Gospel Songs 公開

今まで取り上げたゴスペル曲、および歌詞を、MP3 Musicページにて公開しています。

当サイト上部、または最下部にありますメニューのMP3 Musicよりご覧ください。
 →MP3 Music

なお各ページはパスワード保護されていますので、パスワードご希望の方はお問い合わせフォーム
よりご連絡ください。

練習キットページはパスワードなしでご覧いただけます。

sponsored link




Dropbox

Dropboxを活用しよう!もれなく500MBのボーナス容量がもらえます
→ Dropbox Sign up for free!

dropbox Logo