Contact | info@akos-family.net

SOTE公演@檜原福音教会

そして今回の日本滞在最後のイベントになりました、

12月17日に檜原福音教会で行われたThe salt of the earth mission公演、
戦場のクリスマスキャロル、のリポートです。

「東京のスイス」という呼び名があるほどに、同じ東京都は思えない、
自然豊かな場所にある、こちらの教会。

なんでも東京都の中での、唯一の村がこちら「桧原(ひのはら)村」なのだそうです。

今回、私にとっては桧原村ももちろん初めて、そしてこの教会にも初めて
伺わせていただきました。

それはそれは、みなさんにとても温かく迎えていただきました、感謝です。

 

プロジェクターとPCとの不具合にもめげず・・

SOTE(The salt of the earth missionの略です、ぜひ覚えてね!)の二人で、
午前中の礼拝から、賛美のお手伝いをさせていただきました。

が、私がまったく声が出ず!!(朝も早かったせいか喉がボロボロで・・)
本当に申し訳ない状態で、クリスマス曲を会衆賛美で歌わせていただきました。

そして教会でご用意いただいたランチをはさんで、
その午後に公演があったのですが、始まってみたら本当にたくさんの方々に
集まっていただいて、びっくり!本当に感謝でした。
教会の方々ががんばって宣伝してくださったおかげですね。

いよいよ公演が始まって・・食事でしっかりパワー補給したせいか、
午後になったら私の声もかなり出るようになっていて、
オープニングの曲でも無事歌えて、安心した矢先・・・でした。

なんと、イラストを映し出しているプロジェクターとPCとの不具合で、
いきなり、映像が映らなくなってしまう、というトラブル発生。

どうしたらいいのか私も対応に困って、どうしよう・・・とおろおろしていると、
この状況に機転を利かせて、すかさず助けてくださったのが、
このイベントを最初からいろいろとご協力いただいていた、
こちらの教会の聖書教師でもある奥田さん、でした。本当に助かりました〜。

奥田さんのアナウンスで、ひとまず一時中断し、その不具合を直し、
またやっと直って、無事再開!という時に、これまたプロのアナウンサーで、
今回朗読をしてくださった江橋摩美さんが、その場を取り次いで、さらに
場を和ませてくれるようなしゃべりで繋いでくださって、スムーズにその後を
続けることが出来ました。さすがプロ、心強いです〜!

その後は最後までトラブルもなく最後まで無事通すことができました。

 

涙涙の回でした

私も、今回の滞在で最後のイベントだったからのか、
はたまた、SOTEでの最後の公演だったからなのか、よくわかりませんが、

歌っていて、その登場人物の気持ちにかなり共鳴してしまい、
最初から最後までずっと感情的になって、もう涙涙の状態で終始歌いました。

クリスマス曲の「もみの木」を歌う場面があったのですが、これ、
ドイツ兵が歌う、という場面なので、ドイツ語でも歌うので、
内容的にも特に感情的になる歌でもないし、
ドイツ語の発音だけでいっぱいいっぱいなので、
それまで感情的になった事は一度もなかったんですが、

やはり涙があふれて止まらず、涙で歌詞は見えなくなるし、
本当に歌うのが大変でした。。自分でも不思議でしたね〜。

そんな気持が伝わったのか、観客の方にも何人も泣いておられる方が
いらっしゃいました。

 

パフォーマンスだけではなく、大切なメッセージを届けたい

多少のトラブルはあったものの・・それもまたライブならではの味ですよね。

もともとこの物語はとてもパワフルで、メッセージ性の強いストーリーでしたので、
パフォーマンス的なことや表面的なこと、だけではなく、

この物語の言わんとしているメッセージを、しっかりとみなさんと
シェアできたのではないかと思っています。

そのことには本当に感謝しています。。(T_T)

また、その背後には、きっとこの公演のために教会の方々の、
それまで積み上げられてきた祈りの力も、とても大きかったと思います。

そのことを感じて、その感動でも、きっと心が揺り動かされたのだと思います。

本当に素晴らしい公演となりました。

 

奥田さんを始め、関わってこの公演を一緒に作り上げてくださった教会の皆さん、
そしてご来場いただいた皆さん、SOTEのメンバー、

本当に素晴らしい時間をありがとうございました!!

右から、江橋摩美さん、恭子ちゃん、AKO

 

楽屋にて:プロジェクター担当の恭子ちゃんの姪っ子さんと一緒に

 

 

墨田聖書教会クリスマス2017

私の地元、東京は下町の墨田区にある墨田聖書教会にて、
今回クリスマス・コンサートをさせていただきました。

今回はいつもの趣向とは全く違う、
「影絵の聖誕劇」とゴスペルのコラボ、という形でした。

影絵との初コラボ

影絵をなさったのは、同じく地元墨田区在住のSAKURAさん

オリジナルのアイデアに溢れた、自作(本当に手作り)の道具や人形を使って、
全てをお一人で!やられるんですよ。

SAKURAさんとお稽古中

 

影絵の操作はもちろんのこと、照明、シーンの転換などを行いながらの語り、
各キャラクターのセリフの芝居、と、全てを行う、
その素晴らしい影絵とクオリティーの高さに、私も本当に感動しました。

その劇のストーリーの合間合間に、私がクリスマスソングを歌う、
という構成でした。

私は出演の側だったので、残念ながらその時の写真は撮ることが出来ず、
一つもありませんが(残念!)、
見てくださった皆さん、とても楽しんでくださったようです。

素晴らしいコラボとなりました、感謝です!

 

こういう、ストーリーがあっての、歌はあくまで挿入歌、という、
この位置づけが、私にはなんともうれしいのです。(#^.^#)

この企画、またいつかできたらいいな〜と思います。

 

地元の人の有志で、クワイヤ誕生

また、今回のクリスマスのために、地元の有志の方たちが参加してくださって、
私にとっては初のワークショップをさせていただきました。

このコンサートの2日前ほどに行い、クリスマスソングを日本語と英語にして
歌う、というものでした。そんなに大掛かりにせず、
伴奏は、墨田教会の石川先生にギターを弾いていただきました。

そして、そこで歌った曲を、コンサート当日の昼間に行われていた、
地元商店街のウィンターフェスティバルの最中に、ゲリラ的に路上で歌い!
(かなりスリリングな体験でした〜)

みなさまの温かな拍手をいただきまして。。

そこでの手応えをしっかり掴んで、その後は、墨田教会に戻り、
今回のコンサートでオープニングで歌う、という流れでした。

オープニング曲は2曲。

  • もろびとこぞりて
  • まきびとひつじを

 

後半はゴスペル・コンサート

そのような感じで、聖誕劇とのコラボと、墨田区初の地元クワイヤとのコラボ、
その後の後半は、AKOのソロライブ、という構成でした。

クリスマスソングやオリジナル曲を交え、何曲か歌わせていただきました。

歌った曲目はこちら:

  • Christmas Medley〜Angels we have heard on high/What Child is this?
  • God is gonna fix it
  • Amazing Grace(会衆賛美)
  • Christmas time
  • きよしこの夜(会衆賛美)
  • I need you to survive (アンコール)

 

今回特別に、後半のChristmas time、きよしこの夜で、SAKURAさんに
影絵を付けていただき、影絵の演出の中で歌う、という、
ゴージャスな逆コラボもできました。

ちなみに、このアンコールの曲は、以前、私が日本にいない時ですが、
やはり墨田区で行われたイベントで、自主的に立ち上がったグループ、
その名も「お江戸シンガーズ」のみなさんで、私のレパートリーの1曲である
「I need you to survive」を手話付きで歌ってくださった、ということで、

せっかくなので、お江戸シンガーズさんにもお手伝いいただき、
コンサートの最後で一緒に歌ってもらいましたね〜。うれしかったです。

 

・・・と、ここまでスムーズに来て、プログラム無事終了〜と思ったら・・

思いもよらず、2度めのアンコールが。。!!(汗)

私、何も用意してないです!!と伝えると・・

これまた思いもよらず、お客様のお一人から、
Our Gospel Styleからのオリジナル曲、
「Dreams will come ture」のリクエストをいただきまして。(大汗)

(こんなことは、今までずっと歌ってきて、初めてです。さすが墨田区!)

 

えっと・・・自分で作った歌詞のはずなんですが・・・

覚えてません・・・

今、歌詞カードも持ってません・・・という状態で。

 

しかし後には引けず、とりあえずカラオケをスタート。

歌詞がわからないままに、ひたすらわかるところだけ歌って、
(ほんとうに、これでいいのか?私・・・)

最後は、

♫ゆーめ〜〜 おい〜〜 つづ〜けて〜・・・♫

と、サビの部分を会場の皆さんと大合唱して、
なんとか無事に(?)、盛況のうちに終了いたしました。。

いや〜〜、最後の最後で、
普段とはまた違う汗をドッとかきましたねーーーー(;´∀`)

 

そんなこんなで、まったく地元らしい、手作り感覚たっぷりの、
楽しいクリスマス・コンサートは無事終了。

その後は、やはり地元のお店(お江戸シンガーズのメンバーのお一人のお店)で、
ゴージャスなお鍋や刺し身、手作りのケーキでおもてなしをいただき、

クワイヤのみなさんと墨田教会の石川牧師夫妻も交えて、
みんなで打ち上げました〜

 

改めて、墨田区のあったかさが身にしみました。。

今回も、私の中学校時代の同級生、T子が大活躍。
クワイヤのメンバーを集めてくれたり、コンサートの企画、
教会とのやりとり、さらには地元の町内会の委員会などとのやりとりを、
全部やってくれました。本当に顔の広いT子さんです。

ついでに、影絵の時にも、急遽、鈴で出演いただいたり。。(笑)

本当にこういうことがありがたいんですよね。

私にはとてもとてもできないことです。。

 

やっぱり墨田区はいいなーー

ぜひこれからも、墨田区でゴスペルの道が開かれるように、祈ります!!

 

 

柏・流山市民クリスマス2017・リポート

あっという間にもう1月が終わりますね〜

東京では大雪で大変だったようですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こちらNYでは、1日ブリザードはあったものの、その後、まとまった雪も降らず
雨もかなり降ったおかげで、ほとんど雪は残っていません。

陽気も、なんだか冬がすでに終わったかのような、寒さの和らいだ日々です。

本来は一番寒い(2月がピークなんだそうですが)時期にも関わらず、
ありがたいやら気味が悪いやら・・です。

 

さて滞っている報告を再開したいと思います(汗)

 

柏・流山市民クリスマス・チャリティーコンサート

こちらに、そのコンサートのチラシを載せましたが、
2017年度が9回目、となる毎年恒例のコンサートのようですね。

その今回メインゲストが、いつもお世話になっている柏グローリーチャペルのお二人、

レインボーミュージックの佐々木潤さん&静さん(ご姉弟)のお二人でした。

そうなると、同教会で潤さんが指導しているKGCクワイヤももちろん登場する、
ということで、帰国のたびにこちらで指導させていただいている私も、
クワイヤの指揮としてコンサートでお手伝いさせていただくことになりました。

 

チームで舞台づくり

会場に入ってみて、そのスタッフの多さにまずビックリでした。

舞台監督さんを始め、音響のスタッフの方々、照明のスタッフの方々、
また舞台に映し出されるプロジェクターのきれいな絵やムービー、
歌詞などをオペレートする方、

それはそれは、たくさんの方が忙しそうに動いていて、
ただただすごいな〜〜と驚嘆するばかりでした。

(個人的に、昔やっていた宮地楽器の毎年恒例のクリスマスコンサートを
彷彿させるものでした)

また出演者もとてもたくさんだったので、リハーサルも押せ押せで、
その限られた中で、私としては、当日初めてお会いするバンドの方々
(ドラムとベース)と、クワイヤと合わせなきゃいけないので、
かなり緊張しましたが、みなさん、とても良い方ばかりで、
優しい目で見ていただき、なんとかリハーサルを終えることが出来ました。

レインボーのお二人も、舞台なれしているのか、大きな舞台でも動じず、
それはそれは堂々と演奏していて、とても素敵でしたね〜〜❤

クワイヤも、また地元の聖歌隊の方々も、一生懸命歌ってくださって、
これで本番もばっちり!あとは、私が構成などを間違わずに指揮すればいいだけ!
みたいな状態でリハーサルを終えました。

 

バラエティに富んだ、そして愛あふれるコンサートでした

いよいよ本番が始まり、最初にゴスペルフラのパフォーマンスがあったのですが、
私はそれを舞台袖から見ていて、その美しさと皆さんの笑顔、
そして愛を感じましたね〜、みなさん本当に輝いていて、本当に感動しました。

その後、市民聖歌隊によるクリスマスソング、レインボーのお二人、
KGCクワイヤ、市民クワイヤも加わったマスクワイヤ、
そして親子クワイヤも加わり、最後には舞台が人でいっぱいになりました。

会衆賛美では会場のみなさんも一緒に歌ってくださり、
会場全体が一体となったコンサートとなりました。

裏でずっと動いてくださったスタッフのみなさんの働きによって、
全てがスムーズに、また出演者もそれぞれ、力を出し切れることが出来た
コンサートになったと思いました。

それもこれも、全て、
聖書のメッセージを伝える、クリスマスの本当の意味をみなさんとシェアする、
という一つの目的のために、
関わる全ての人ががんばったんですよね。

素晴らしいな〜と思います。

この日、だけではなく、このコンサートのために、きっとそれまで、
たくさんの祈りがあったのだな、と思います。
その祈りもしっかり実を結んだと思います。

素晴らしいクリスマスを本当にありがとうございました〜!

ZAF2017-チャペル音楽祭

ZAFこと、Zushi Art Festival、という逗子で行われる大きなイベント、その締めくくり、クロージングとして、チャペル音楽祭がカトリック逗子教会で行われ、その中でゲストとして参加させていただきました。

ありがたいことに、こちらのイベントには何年か続けてお呼びいただき、毎回たくさんの方と賛美させていただいて、本当に感謝なんです。

 

多様なゲストのみなさんの競演

そしていつも驚くのが、そのゲストの数の多さ!

地元出身のアーティストさんたちを中心に、子どもたちやダンサーのみなさん、ジャズピアニストにトランペッター、竪琴奏者もいらっしゃいました。今回は他にも、ゲストとして、ゴダイゴのトミー・スナイダーさんも出演されていましたね〜。超豪華!

また、地元で活動中のゴスペルクワイヤ、Make Us One Choirと、その指導者のビックリこと、青柳美保子さんも、歌に指導に、司会に、とそれはそれは大活躍でした。

実はこちらのメンバーが、事前準備から当日のいろいろも含め、裏方でも動いてくれていて、音響のことやらいろいろ、それはそれはがんばってくださっていました。こういった働きがなければ、こんな大きなイベントは成功しませんよね。本当にビックリをはじめ、MUOのみなさんに改めて、感謝します!<(_ _)>

出演者全員集合〜

ビックリ先生と、MUOのみなさんのパフォーマンス

 

SOTEの二人で出演しました

今回は、他のイベントでもご一緒させていただいている、The salt of the earth missionのパートナーである瓜生恭子ちゃんと出演させていただきました。

出番こそ短い間でしたが、何しろ二人でコンサートで演奏するのは久しぶりなので、かなり緊張しました。が、始まってみればいつもの通り、気持ちよく、スムーズに演奏することが出来ました。感謝!

演奏した曲目はこちら

  • 主の祈り
  • 一滴のしずくのように
  • I need you to survive(MUOのみなさんと一緒に)
  • Go make a difference(MUOのみなさんと一緒に

最後の曲、Go make a differenceは、会場の皆さんにも一緒に歌っていただきました。去年も歌ったので、覚えてくださっていた方も多かったのか、みなさん大きな声で歌ってくださり、とても盛り上がって感謝でした〜〜!

また2曲目の「一滴のしずくのように」は、恭子ちゃんのオリジナル曲なのですが、以前他のイベントでご一緒した時に、挿入歌として歌われた曲で、それ以来いろいろなところで二人で演奏してきました。

私があるシスターのお話を聞いてとても感銘を受け、そのことを彼女に伝えた所、彼女もとても慰められて、その話を元にこの曲を作ってくださったのでした。

SOTEの活動を通して、こうやって素晴らしい作品を、これからも作り続けていけたらと思います。ぜひ応援してくださいね!

 

ZAFの灯火を消さずに・・

最後のご挨拶の時、なんでもこのように市から予算が出るのは今年で最後、来年は予算が出ないのだそうです。しかし、この活動を通して、なんとか、この灯っている火を消さずに続けていきたい、そして逗子を盛り上げ、また子どもたちに本物の芸術を見てもらい、将来に希望を持ってもらいたい、という実行委員長の思いが、熱く、熱く語られました。

会場の皆さんの多くがその熱い思いに心を打たれたようでした。ぜひこれからもZAFが続いていきますように!と祈っています。

参加された皆さん、本当にお疲れ様でした!

光のコンサート、いよいよ来週です

ここの所、ぐぐっと気温が下がって、かなり寒い日が続いております。もう本格的な冬の到来!という感じですね〜。

体調を崩される方が多いんじゃないでしょうか?ぜひ身体を温かくして、栄養と休息をしっかりと取って、体調管理にお気をつけくださいませ。

私は、風邪も引かず、健康が守られております、感謝です!

さて、来週にせまってまいりましたが、12月1日〜3日に行われる、朗読劇「戦場のクリスマスキャロル」のリハーサルを、昨日、イベントの会場である、中野パークサイドチャーチにて、ピアノの瓜生恭子ちゃんと共にさせていただきました。

(会場を貸して下さる中野パークサイドチャーチ、そしてスタッフの方々に心から感謝します)

恭子ちゃんとはネット上でのやりとりはずっとしてきたものの、やはり顔と顔を合わせて、一緒に演奏する、というのは全然違う感動がありました。やはり音楽とは、その場で、ライブで一緒に奏でるところにすばらしさがあるな、とあらためて感動しました〜。

この朗読劇を通して、どのような大変な状況の中にあっても、神様の愛と平安は変わらず私たちに与えられている、そして、その神様の愛の最も偉大な表れとして、イエス・キリストがこの世にお生まれになった、そのことをお祝いするのがクリスマスなんだ、というメッセージを、たくさんの方々と分かち合いたい、と心から願っております。

(なんでも、クリスマスの意味をよくわかっておらず、サンタの誕生日、と思っている方もおられるとか・・それはちょっと悲しいです(涙))

2人で作ったオリジナル曲に合わせて、定番のクリスマスソングたちを挿入歌として入れながら、また小西由美さんというイラストレーターの方の、この作品のために描いてくださった素晴らしい絵と、江橋摩美さん(12/3)、執印徳枝さん(12/1)、というプロの方の朗読という形で、いつまでも心に残る、クリスマスにちなんだ感動的なストーリーをお届けします。

ぜひご期待くださ〜い!


The Salt of The Earth Mission presents
『2017年 クリスマス 光のコンサート Vol.1』

●日時;
12月1日(金) 開場 18時30分 開演19時00分(戦場のクリスマスキャロル)
12月2日(土) 開場 14時30分 開演15時00分(ダニエル)
12月3日(日) 開場 17時00分 開演17時30分(戦場のクリスマスキャロル)
★ハンドベル演奏は3日間ともございます。
★全公演に視覚障害の方の溜めの音声ガイドがございます。
★12月2日の演目は異なり、AKOの出演はありませんので、ご了承ください。

●場所:キリスト同信会 中野パークサイドチャーチ
(〒164-0001 中野区中野1-45-12)

●チケット予約受付:hikarinoconcert@gmail.com

●チケット料金;一般(前売・当日共に);2,500円
★小学生以下のお子様は1,000円

瓜生恭子ちゃん(左)とAKO(右)

オンラインレッスン開講

この度、オンラインで行うことのできる英語発音矯正と英会話のプライベートレッスンを開講しました。PCまたはスマホとwifiがあれば場所を選ばずにできるオンラインレッスン、ご自分のライフスタイルに合わせてご活用下さい。
→オンラインレッスンご紹介のページへ

アーカイブ

♫Gospel Songs 公開

今まで取り上げたゴスペル曲、および歌詞を、MP3 Musicページにて公開しています。

当サイト上部、または最下部にありますメニューのMP3 Musicよりご覧ください。
 →MP3 Music

なお各ページはパスワード保護されていますので、パスワードご希望の方はお問い合わせフォーム
よりご連絡ください。

練習キットページはパスワードなしでご覧いただけます。

sponsored link




Dropbox

Dropboxを活用しよう!もれなく500MBのボーナス容量がもらえます
→ Dropbox Sign up for free!

dropbox Logo