Contact | info@akos-family.net

墨田聖書教会クリスマス2017

私の地元、東京は下町の墨田区にある墨田聖書教会にて、
今回クリスマス・コンサートをさせていただきました。

今回はいつもの趣向とは全く違う、
「影絵の聖誕劇」とゴスペルのコラボ、という形でした。

影絵との初コラボ

影絵をなさったのは、同じく地元墨田区在住のSAKURAさん

オリジナルのアイデアに溢れた、自作(本当に手作り)の道具や人形を使って、
全てをお一人で!やられるんですよ。

SAKURAさんとお稽古中

 

影絵の操作はもちろんのこと、照明、シーンの転換などを行いながらの語り、
各キャラクターのセリフの芝居、と、全てを行う、
その素晴らしい影絵とクオリティーの高さに、私も本当に感動しました。

その劇のストーリーの合間合間に、私がクリスマスソングを歌う、
という構成でした。

私は出演の側だったので、残念ながらその時の写真は撮ることが出来ず、
一つもありませんが(残念!)、
見てくださった皆さん、とても楽しんでくださったようです。

素晴らしいコラボとなりました、感謝です!

 

こういう、ストーリーがあっての、歌はあくまで挿入歌、という、
この位置づけが、私にはなんともうれしいのです。(#^.^#)

この企画、またいつかできたらいいな〜と思います。

 

地元の人の有志で、クワイヤ誕生

また、今回のクリスマスのために、地元の有志の方たちが参加してくださって、
私にとっては初のワークショップをさせていただきました。

このコンサートの2日前ほどに行い、クリスマスソングを日本語と英語にして
歌う、というものでした。そんなに大掛かりにせず、
伴奏は、墨田教会の石川先生にギターを弾いていただきました。

そして、そこで歌った曲を、コンサート当日の昼間に行われていた、
地元商店街のウィンターフェスティバルの最中に、ゲリラ的に路上で歌い!
(かなりスリリングな体験でした〜)

みなさまの温かな拍手をいただきまして。。

そこでの手応えをしっかり掴んで、その後は、墨田教会に戻り、
今回のコンサートでオープニングで歌う、という流れでした。

オープニング曲は2曲。

  • もろびとこぞりて
  • まきびとひつじを

 

後半はゴスペル・コンサート

そのような感じで、聖誕劇とのコラボと、墨田区初の地元クワイヤとのコラボ、
その後の後半は、AKOのソロライブ、という構成でした。

クリスマスソングやオリジナル曲を交え、何曲か歌わせていただきました。

歌った曲目はこちら:

  • Christmas Medley〜Angels we have heard on high/What Child is this?
  • God is gonna fix it
  • Amazing Grace(会衆賛美)
  • Christmas time
  • きよしこの夜(会衆賛美)
  • I need you to survive (アンコール)

 

今回特別に、後半のChristmas time、きよしこの夜で、SAKURAさんに
影絵を付けていただき、影絵の演出の中で歌う、という、
ゴージャスな逆コラボもできました。

ちなみに、このアンコールの曲は、以前、私が日本にいない時ですが、
やはり墨田区で行われたイベントで、自主的に立ち上がったグループ、
その名も「お江戸シンガーズ」のみなさんで、私のレパートリーの1曲である
「I need you to survive」を手話付きで歌ってくださった、ということで、

せっかくなので、お江戸シンガーズさんにもお手伝いいただき、
コンサートの最後で一緒に歌ってもらいましたね〜。うれしかったです。

 

・・・と、ここまでスムーズに来て、プログラム無事終了〜と思ったら・・

思いもよらず、2度めのアンコールが。。!!(汗)

私、何も用意してないです!!と伝えると・・

これまた思いもよらず、お客様のお一人から、
Our Gospel Styleからのオリジナル曲、
「Dreams will come ture」のリクエストをいただきまして。(大汗)

(こんなことは、今までずっと歌ってきて、初めてです。さすが墨田区!)

 

えっと・・・自分で作った歌詞のはずなんですが・・・

覚えてません・・・

今、歌詞カードも持ってません・・・という状態で。

 

しかし後には引けず、とりあえずカラオケをスタート。

歌詞がわからないままに、ひたすらわかるところだけ歌って、
(ほんとうに、これでいいのか?私・・・)

最後は、

♫ゆーめ〜〜 おい〜〜 つづ〜けて〜・・・♫

と、サビの部分を会場の皆さんと大合唱して、
なんとか無事に(?)、盛況のうちに終了いたしました。。

いや〜〜、最後の最後で、
普段とはまた違う汗をドッとかきましたねーーーー(;´∀`)

 

そんなこんなで、まったく地元らしい、手作り感覚たっぷりの、
楽しいクリスマス・コンサートは無事終了。

その後は、やはり地元のお店(お江戸シンガーズのメンバーのお一人のお店)で、
ゴージャスなお鍋や刺し身、手作りのケーキでおもてなしをいただき、

クワイヤのみなさんと墨田教会の石川牧師夫妻も交えて、
みんなで打ち上げました〜

 

改めて、墨田区のあったかさが身にしみました。。

今回も、私の中学校時代の同級生、T子が大活躍。
クワイヤのメンバーを集めてくれたり、コンサートの企画、
教会とのやりとり、さらには地元の町内会の委員会などとのやりとりを、
全部やってくれました。本当に顔の広いT子さんです。

ついでに、影絵の時にも、急遽、鈴で出演いただいたり。。(笑)

本当にこういうことがありがたいんですよね。

私にはとてもとてもできないことです。。

 

やっぱり墨田区はいいなーー

ぜひこれからも、墨田区でゴスペルの道が開かれるように、祈ります!!

 

 

影絵師SAKURAさんと初コラボです

日本では、最近なんだか台風の影響が凄まじいみたいですね・・・みなさん大丈夫でしょうか?被害がひどくならないように、皆さんの全てが守られますように、お祈りしています。

こちらでも、そんな台風を少し見させていただいたかのように、昨日は投げつけるような大雨と強風でした〜。一夜明けて、ストームはおさまりましたが、未だ雨が続いています。

さて、日本行きまで、あと2週間をきりました!もう、毎日その準備に追われて、時間がいくらあっても足りない!ぐらいな、でもワクワク感を抑えられない楽しい日々を過ごしています。

影絵師SAKURAさんとのコラボ

そんな中、今回、私の地元、墨田区にある墨田聖書教会で、これまた地元に住んでいらっしゃる、影絵師SAKURAさんと、影絵で綴る聖誕劇xゴスペルのコラボで贈るクリスマス・コンサートというのを企画しています。

SAKURAさんのブログから画像を勝手に拝借です、すみません!

 

このSAKURAさんは、影絵では日本で第一人者である、藤城清治さんに師事されたお方で、その作風も藤城さんの、あの、繊細でやさし〜い感じをしっかりと受け継がれておられます。なにしろ、すごくきれいなんですよ〜!!これを生で見れるとは・・心あらわれますね〜・・

そのSAKURAさんの影絵の様子の映像をシェアしてもいいと許可をいただきましたので、こちらに紹介させていただきます。

今回は、このSAKURAさんの影絵と、私の歌のコラボで聖誕劇を上演します。このコラボ、初の試みで、未知の世界ですが、どうなるか、今から本当に楽しみです❤

ぜひご期待ください!

コンサートは12月10日(日)17:00からスタート、今から予定を開けておきましょう〜♫


<SAKURAさんのブログ>

影絵のいおり〜桜庵〜

クミシュラン倶楽部プラネタリウムイベント

そして、12月11日、今回初めてのイベント参加になります、
クミシュラン倶楽部主催、

「2200万個の星のもとで、圧倒的なゴスペルを聴く!」

というイベントに参加させていただきました。

主催者の公美子さんとは、2016年の夏頃、彼女がニューヨークへいらした時に、
マンハッタンでお会いして、この話を聞かせていただいたのが始まりでした。

あの、やわらかな物腰と、話し方からはなんとなく想像付かない、
けっこう、パワフルな企画をなさる方なんですね〜!
どちらかというと、いつも”受け身”の私としては、とても刺激を受けました〜。

イベントの場所は、永福町にあります、
室内楽演奏ホール sonorium という場所でした。

なんでも、主催者の公美子さんは、
このイベントに一番最適なホールをたくさん見て回って、
そしてやっと見つけたのがこのホールだったそうです。

会場には、プラネタリウムの投影機として、
大平技研さんのメガスターが運び込まれ、まさしく、

真っ暗な中に360度会場いっぱいに映し出されたプラネタリウム、
その星に囲まれながら、のゴスペル賛美となりました。

会場の関係で、今回はまったくのアカペラで歌うことになり、
歌だけよりも何かストーリー性がある方がいい、と提案させていただき、
お友達で脚本・演出家、ミュージシャンでもある瓜生恭子ちゃんのナレーターで、
アンデルセンの「マッチ売りの少女」のナレーションを聞きながら、
合間合間にゴスペル曲を歌う、という流れになりました。

また時期的に、というのもあって、クリスマスソング中心に、
かなりゴスペルでは王道のAmazing Graceや、主の祈り、
またオリジナル曲の我を呼べば、を入れつつ構成しました。

そして、このイベントのラストを飾るテーマが「生命の歓喜」

ということで、エンディングとして、
古澤さん率いるゴスペルクワイヤ、Dominion and Power Japanのメンバーに
3曲歌っていただきました。

  • My soul doth magnify the Lord
  • Joy to the world– Hallelujha
  • Praise ye the Lord

ラストを飾るにふさわしい、ダイナミックな、会場をいっぱいに満たすほどの
力強い、分厚い賛美を聞かせてくれました。本当にすごかった〜〜!!

クワイヤのメンバーのみなさん、ありがとう!!

マッチ売りの少女・・・あまりにもメジャーなストーリーで、
知ってると思ってましたが、

実際にストーリーを朗読してもらったのを聞いたら・・
かなり可愛そうな物語なんですね。。

恭子ちゃんの素晴らしいナレーションに、思わず感情移入してしまいました。。

でも最後にはちゃんと天国につながっているエンディングで、
ゴスペルのテーマと一致したし、
内容的にはとても深いものに仕上がったのではないか、と思いました。。

そう、ゴスペル=福音のメッセージとは、

今ある生命(いのち)の間にイエスと出会い、罪の許しをいただき、
そしてその次の生命、永遠の命、でイエスを通して天国に入ることができ、
天国で永遠の命を過ごす、というものですから。

幻想的なプラネタリウムの中で、アカペラで歌わせていただくなんて、
そうそうめったにありません、

喉の調子は・・・良いとは言えない状態ではありましたが、
それでも、自分にできる精一杯を歌わせていただきました。

また、クワイヤもものすごい練習して、がんばってくれて、
難しい曲をアカペラで最後まで歌いきってくれました!
「生きる喜び」に相応しい、力強い、
ゴージャスなエンディングを作ってくれました。

最後の最後で、朗読の音声が、機械の影響で突然ストップ!という
アクシデントもありましたが・・(冷汗)
ちゃんと元に戻り、事なきを得ることができましたね〜(^o^;)

クミシュラン倶楽部の、もともとのテーマである、”人の感性”の持つ力、が
十分に刺激されたイベントになったことと思いたい!です。

参加してくださったみなさま、
クミシュラン主催の公美子さんを始め、スタッフのみなさん、
瓜生恭子ちゃん、一部の朗読してくださっていた俳優さん、
Dominion and Power Japanのメンバー、
大平技研さん、Sonorium の皆さん、ほか、

関わったすべての方々に心から感謝します。

祝福がさらにありますように!!

特別優待:ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランドのお知らせ

このウェブサイトへ、キョードー東京さんからお知らせメールが届きました。

なので、こちらに告知しますね。興味のある方はどうぞ読み進めて下さい。

↓ ↓ ↓ ↓


『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』 〜特別優待のご案内〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本初演!
最高に楽しくてスペクタキュラーなクリスマスショーがやってくる!

街全体がクリスマス一色になる日本のクリスマスにないものー。
それは、家族と友人と恋人と楽しめるようなクリスマスショー。
米国では、1933年の初演以来、80年以上の間NYの冬の名物となっている「ラジオシティー・クリスマス・スペクタキュラ―」をはじめ、各地で様々な”クリスマスショー”が上演され、幅広い年代に<伝統的なクリスマスの風物詩>として楽しまれています。
そ んな劇場で楽しめるクリスマス、光り輝くクリスマスショー「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」を東急シアターオーブにて、日本初演致します。 宙空に浮かぶ大劇場に現れるのは、ステンドグラスが輝くクリスマスタウンや、氷の世界、巨大なクリスマスツリーやスケートリンク。
スタイル抜群のダンサーたちのダンスや、スケートショー、ミュージカル界で活躍するシンガーたちが歌うクリスマスソングの名曲の数々、そしてサンタも登場!など見所、楽しさいっぱいの期間限定スペシャル公演です。

【演奏予定曲目】
ホワイトクリスマス/ White Christmas
レット・イット・スノー/Let it Snow
オー・ホーリー・ナイト/O Holy Night
ジョイ・トゥ・ザ・ワールド(諸人こぞりて)/Joy to the World
ジョイフル・ジョイフル/ Joyful Joyful
クリスマスおめでとう/ We Wish You a Merry Christmas
そりすべり/ Sleigh Ride
ハレルヤ / Hallelujah
私のクリスマス/What Christmas Means to Me
ベイビー・イッツ・コールド・アウトサイド/Baby It’s Cold Outside
くるみ割り人形/Nutcracker
サンタが街にやってくる/Santa Claus is Coming to Town
他 and more

※曲目は演出の都合上、予告なしに変更になる場合もございます。ご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』

<公式ホームページ>http://bcwjapan.jp/

日時:12月16日(金) 〜 25日(日)
会場:東急シアターオーブ(東京都渋谷区)

「ご優待価格」S席(全席指定) ¥9,800→¥7,500

「お申込方法」
お電話またはインターネットからお申込みください。

①お電話でのご予約
キョード東京 チケットセンター 0570-550-799 (平日11〜18時/土日10〜18時)
※オペレーターに「特別割引のチラシを見た」とお伝え下さい。お支払い、チケットのお渡しなどご案内させて頂きます。
②インターネット専用サイトよりご予約
特設サイトURL https://ticket.kyodotokyo.com/otoku2016.do
ID:otoku / パスワード:kyodo
★URLにアクセスいただき、ID、パスワードを入力し、お申し込みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリスマスワンダーランド_チラシ

Let’s Celebrate 製作中です

8月も半ばを過ぎ、日も少しずつ短くなってきている今日このごろ、

みなさん、お元気ですか?

日本はかなり暑いようなので、ぜひぜひ水分補給を忘れずに、ご自愛下さいね!


 

さて、私の方ですが、気分はすでにクリスマス!

Our Gospel Style オリジナルのクリスマス曲、Let’s Celebrateの練習キットの製作にいそしんでおります。

→クワイヤからのリクエストがありまして。

ぜひ、クリスマスに向けて、Let’s Celebrateの賛美ご希望の方、お待ちしております♫

※8/25 追記:練習キットはできあがっております!→Let’s Celebrate! (NEW)

 

あっ、ちなみに、Our Gospel StyleのHPも今リニューアルに向けて着々と準備を進めていますよ。

こちらもお楽しみに(*^_^*)

オンラインレッスン開講

この度、オンラインで行うことのできる英語発音矯正と英会話のプライベートレッスンを開講しました。PCまたはスマホとwifiがあれば場所を選ばずにできるオンラインレッスン、ご自分のライフスタイルに合わせてご活用下さい。
→オンラインレッスンご紹介のページへ

アーカイブ

♫Gospel Songs 公開

今まで取り上げたゴスペル曲、および歌詞を、MP3 Musicページにて公開しています。

当サイト上部、または最下部にありますメニューのMP3 Musicよりご覧ください。
 →MP3 Music

なお各ページはパスワード保護されていますので、パスワードご希望の方はお問い合わせフォーム
よりご連絡ください。

練習キットページはパスワードなしでご覧いただけます。

sponsored link




Dropbox

Dropboxを活用しよう!もれなく500MBのボーナス容量がもらえます
→ Dropbox Sign up for free!

dropbox Logo