Contact | info@akos-family.net

なぜカトリック教会では、聖母マリアに祈るのか

前回の記事でご紹介した、こちらの記事、

Why Catholics (and other Christians) Pray to the Blessed Virgin Mary
なぜ、カトリック教会(と、その他のクリスチャンたち)は聖母マリアに祈るのか

という記事を日本語訳にしてご紹介しますね。

(読みやすい日本語になるように、かなりがんばったのですが・・・やはり直訳にほぼ近い文章になってしまいました、ごめんなさい。。)


カトリックではない人々、そのたくさんの人たちは、子供の頃からこのように教えられています、

カトリック教理の間違い、その明らかな証拠は、聖母マリアに対する光栄や敬意、そして聖母に捧げられる数え切れないほどの信頼と祈りである、と。

しかし同時に彼らが、カトリックの、マリアに対する献身の、正真正銘の基盤は何なのかを学ぶ時に、最終的に、彼らがカトリックになる、という結果に行き着くことも事実、あるのです。

どうしてそのような事が起こるのか・・その理由はとてもシンプルで明確です。

それは全て、この2つの真実に含まれています。

 

1.マリアは神の母である

まず第一に、マリアは、神の母(ルカ1:43)です。

神が、その母を持つことを、衝動的に決めた、とはカトリックは信じていません。神は、母を持つことをあらかじめ選んでいた、とカトリックは信じています。

神は、彼の、人としての身体を、彼女の胎の中で形作ることに対して、彼女を選び、許可を与えたのだ、と考えます。(ルカ1:35)

また神を、小さな赤子としてこの世にもたらす事を彼女に許可し、そして、彼女の胸から彼に乳を飲ませ、彼女の腕の中に彼を運び、危険から彼を守り、そしてどの子も教わるように、彼女から歩き方、話し方、祈り方を教えることを、神は選んだのです。

聖母マリアが、愛によってのみ、彼に関する全権を握ることを、神は選んだのです。(ルカ2:51)

その母を選ぶ、という時に、神の御子は、良き母の愛は常に、良き息子にその全権を行使でき、その母が彼の意志に対する全権を握ることをゆるす、その事を御子が選んだのだ、とカトリックは信じています。

2. 聖母マリアは全ての人の母

第二に、マリアは全ての人の母です。

罪にまみれた、全ての人の子どもたちを、イエスの兄弟姉妹として、その母が受け入れられるために、神の御子は、母を通してこの世に来ることを選んだ、とカトリックは信じています。

またイエスは、どのように彼女が敬われ、愛されるべきなのか、のお手本を示しました。

イエスは彼女を、全ての人の母親として整えられるため、彼女に、全ての想像できる限りの、全ての痛みに苦しむ(ルカ2:35)事を彼女に頼みました。それは彼女の子どもたちに対する悲しみ、同情を彼女に教えるためでした。

彼女はイエスのたった一人の母、イエスは彼女を痛みから救う事ができたでしょう、なぜなら彼はそのような力を持っていたし、彼は彼女を無限の愛で愛していたからです(しかし、そうはなさらなかった)。

イエスは、第一の公の奇跡を、彼女からのリクエストによって行いました(ヨハネ2:1-11)。また、彼が死を迎える時には、彼女はすでに、全ての人の母となるように、最初から定められている事を、マリアに再度伝えました(ヨハネ19:27)。

このようなわけで、聖母マリアは、母がその子どもの幸せを願うことに熱心であるのと同じように、イエスの兄弟姉妹である私たちのたましいと、身体の問題において、助けることを熱望していることを、カトリックは信じているのです。

ピエタ像

 

カトリック(また、他のクリスチャンたち)が唱えるロザリオは、これら2つの真実にある、彼らの信仰の表現です(ルカ1:48)。

もしマリアが、彼女の息子であり、神の御子であるイエスに、私たちの代わりとして話してくださる時、私たちの祈りの応えを受けることを、私たちは知っています、そしてそこには疑いの余地はないのです。

ロザリオの祈りをお勧めします

最近、つくづく感じているのが、ですね。。

アメリカからも、自宅からも離れているからなのか、なんというか・・・

心なしか、気持ちがせかせかしている自分がいます。

毎日、毎日、TVの音は騒々しく。。

テレビから流れる情報番組では毎日同じことばかりが
繰り返し、繰り返し放送され、

その内容のほとんどが、なんだか「重箱の隅をつつく」ようなことばかり。

電車に乗れば広告の洪水(電車の中でもやっぱりテレビだし!)

人の波、時間との追いかけっこみたいになってる毎日。。

まあ、私は仕事柄、歌、しかもゴスペルを歌うので、
ゴスペルを歌っている間は、自分の軸がピチーッと戻る気がしますので、
それでなんとか自分を保てているというか・・救われてます。

いや〜、アメリカかぶれ、と言われればそれまでですが、

少なくとも、向こうにいる時の方が、もっと、
時間の流れに合った生活を送れているカンジがするのです。

いや、忙しいことは忙しいんですよ、向こうでも。

でも、なんでしょうね〜・・向こうにいる自分とはまた違う自分が、
日本にいますね。

 

なぜ、ロザリオを祈るのか

そんな中で、毎日、少なくともトライするのが、ロザリオの祈りなのです。
私は夜寝る前に、しっかりと気分が落ち着けてから祈るようにしています。

ほとんど、布団の中に入ってから祈るので、
だいたい途中で寝てしまいますが(爆)

しかりこのロザリオの祈り、同じキリスト教でも、
プロテスタントの教会ではほとんど知られていません。

なぜなら、イエス様のお母さん、聖母マリアに祈っているからです。
マリアに祈るのは間違っている!と思われているのだと思います。

しかし、この祈りは、厳密に言えば・・・

聖母マリアに祈っている、というよりも、聖母マリアを通して、祈っている
と言ったほうが正解だと思います。

その理由を、あるウェブサイトで分かりやすく解説してくれていましたので、
日本語訳に訳して、次回の記事で紹介したいと思います。

原文はこちら:
Why Catholics (and other Christians) Pray to the Blessed Virgin Mary

3.11復興を願って2017

少し日が経ってしまいましたが、この間は3月11日、東日本大震災が起こった日でした。

2011年、あれからもう6年も経ってしまうんですね。。
あの時、あのニュースを、私はNYにある、ある英語教室の事務室で見ました。それは衝撃的な映像で、あの衝撃は今でも忘れません。

そして、自分はNYにいて経験ができなかったその恐怖や苦難を、なぜ家族や友人と共有できないのか、とても複雑な思いでした。

NYでも3.11に関するイベントは行われていたようです。これからも続いていくでしょう。この日を機会に、再び日本のために、気持ちを新たに祈っていきたいと思います。

さて、この記事でご紹介するこちらの絵は、大阪で活動中のゴスペルクワイヤ、Happy Cubeのメンバーで、自身でもイラストを書いていらっしゃるやっさんが、3.11を記念して毎年書いている、というイラストの今年バージョンです。

毎年3月11日にこうして絵を送ってくださるんですが、今回は特別にお願いして、やっさんにこのブログでもご紹介できるよう、許可していただきました。

なんでも、

奈良県大和郡山市にあるアート作品の『金魚ボックス』の
イメージから描きました。

魚たちには小さな金魚鉢ではなく、広い場所で自由に泳いでほしい、そして、
やがて大きくなって(大きな魚)、たくさんの縁(赤いリボン)を結んで行けたら
良いな、と…。
『金魚ボックス』にはちゃんと公衆電話があって、受話器がプカプカ浮いて、
話して貰うのをまるで待っているようなんです。

どんなことでも、自分の中で解決しないで、話すことで変わることもある、一人
じゃないよ、大丈夫だよ…と、そんな思いを絵に込めました。

との事です。金魚ボックスというのは初耳でした。

こちらから、金魚ボックスの正体がわかります→電話ボックスに金魚が泳いでいる?

 

今日は東日本大震災の祈念日です。
3月11日には毎年絵を描いています。

あれから6年、私は忘れていません。
去年の熊本・大分・鳥取の地震も、各地での水害も、20年以上も前の阪神淡路
大震災も、ずっと忘れていません。

色んな方のお話を聞いたり話して貰うことで、何かが変わる、そんな思いを絵に込めて。

『もしもし、あのね…。』

The Chaplet of Divine Mercy_まとめ

The Chaplet of Divine Mercyのまとめ

ここまで、The Chaplet of Divine Mercy を、一つ一つのMystery(奥義)を追いながら紹介してきました。

The Chaplet of Divine Mercy_Opening Prayer

The Chaplet of Divine Mercy_The Agony of Jesus

The Chaplet of Divine Mercy_The Scourging

The Chaplet of Divine Mercy_The Crowning with Thorns

The Chaplet of Divine Mercy_Carrying the Cross

The Chaplet of Divine Mercy_The Crucifixion

The Chaplet of Divine Mercy_Closing Prayer

このチャプレットをイエス様が聖ファウスティナを通して私たちに与えてくださったのは、ここまでの犠牲を払ってまで私たちのために用意されているDivine Mercy、神の慈しみを、イエス様御自身が私たちに与えたい、と熱望されているからなんです。

慈しみを注ぐことを望むイエスの言葉

聖ファウスティナの日記から、彼女に語られたイエス様の言葉を紹介します。

「我が娘よ、
わたしがあなたに与えたチャプレットを唱えるよう、霊魂たちを励ましなさい。
彼らがチャプレットを唱えることによってわたしに願う時、
彼らの願うものを皆与えるのは、わたしの心に適っている。
かたくなな罪人たちがそれを唱える時、わたしは彼らの霊魂を平和で満たす。
そして彼らの臨終の時は幸いな時となる。

臨終を迎えている人の前でこのチャプレットを唱える時、
わたしは、正義の裁判官としてではなく慈しみ深い救い主として、
私の父とその臨終の人の間に立つと書き記しなさい。」(1541)

「司祭たちは、それを罪人たちの救いの最後の助けの綱として
与えるであろう。たとえ最もかたくなな罪人がいても、
このチャプレットをただ一度でも唱えるならば、
わたしの限りない慈しみから恵みを受ける。
全世界がわたしの無限の慈しみを知ることを望む。
わたしの慈しみに信頼するこれらの霊魂に、
想像を絶する恵みを与えたいと望んでいる。」(687)

「あなたの願い求めることがわたしの意志と調和しているなら、
チャプレットによって、あなたは万事を手に入れるであろう。」(1731)

嵐をも止めたチャプレット

特に最後の1731、「あなたは万事を手に入れるであろう」と語られた場面。

日記によると、その時にひどい嵐があったようで、風が吹き荒れ、雨が滝のように降り、落雷が何度もあって、嵐が被害を与えませんようにと聖ファウスティナが祈り始めた時に、イエス様が語られました、

「あなたに教えたチャプレットを唱えなさい。そうすれば、嵐は止む。」

そしてチャプレットを唱え始めると、唱え終わらないうちに嵐は突然止んだ、という所で語られたのでした。。

自然災害に対してもチャプレットが効果があるとは・・・これは祈らないと損ですね!

ぜひ、このチャプレットを祈って、イエス様の用意されている慈しみを、私たちが余すところ無く受け取ることができますように、もっとイエス様の慈しみに信頼することができますように、と願います。

Jesus, I trust in You!!

 

The Chaplet of Divine Mercy_Closing Prayer

The Chaplet of Divine Mercy シリーズの最終回です。

今までの5つのMysteriesをじっくりと、聖ファウスティナさんと共に黙想してきました。彼女を通してたくさんのことを私たちに教えてくださったことを感謝します。。

The Chaplet of Divine Mercy 最後の締めくくりに、Holy God, Holy Mighty One, Holy Immortal One… と3回祈ります。その後、Closing Prayerへと続きます。


Conclude with:

Holy God, Holy Mighty One, Holy Immortal One,
have mercy on us and on the whole world. (3 times)

聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、
私たちと全世界を憐れんで下さい。

CLOSING PRAYER

Eternal God, in whom mercy is endless
and the treasury of compassion inexhaustible,
look kindly upon us and increase Your mercy in us,
that in difficult moments we might not despair nor become despondent,
but with great confidence submit ourselves to Your holy will,
which is Love and Mercy itself. (Diary 950)

あなたのうちに慈しみは終わることがなく、
憐れみの宝庫は尽きることがない、永遠の神よ、
私たちを優しく見守り、私たちへの慈しみを増やして下さい。
それは、困難な時に私たちが絶望も落胆もせず、
愛であり慈しみそのものである、あなたの聖なる御旨への
深い信頼をもって従うことができるためです。

オンラインレッスン開講

この度、オンラインで行うことのできる英語発音矯正と英会話のプライベートレッスンを開講しました。PCまたはスマホとwifiがあれば場所を選ばずにできるオンラインレッスン、ご自分のライフスタイルに合わせてご活用下さい。
→オンラインレッスンご紹介のページへ

アーカイブ

♫Gospel Songs 公開

今まで取り上げたゴスペル曲、および歌詞を、MP3 Musicページにて公開しています。

当サイト上部、または最下部にありますメニューのMP3 Musicよりご覧ください。
 →MP3 Music

なお各ページはパスワード保護されていますので、パスワードご希望の方はお問い合わせフォーム
よりご連絡ください。

練習キットページはパスワードなしでご覧いただけます。

sponsored link




Dropbox

Dropboxを活用しよう!もれなく500MBのボーナス容量がもらえます
→ Dropbox Sign up for free!

dropbox Logo