Contact | info@akos-family.net

墨田聖書教会クリスマス2017

私の地元、東京は下町の墨田区にある墨田聖書教会にて、
今回クリスマス・コンサートをさせていただきました。

今回はいつもの趣向とは全く違う、
「影絵の聖誕劇」とゴスペルのコラボ、という形でした。

影絵との初コラボ

影絵をなさったのは、同じく地元墨田区在住のSAKURAさん

オリジナルのアイデアに溢れた、自作(本当に手作り)の道具や人形を使って、
全てをお一人で!やられるんですよ。

SAKURAさんとお稽古中

 

影絵の操作はもちろんのこと、照明、シーンの転換などを行いながらの語り、
各キャラクターのセリフの芝居、と、全てを行う、
その素晴らしい影絵とクオリティーの高さに、私も本当に感動しました。

その劇のストーリーの合間合間に、私がクリスマスソングを歌う、
という構成でした。

私は出演の側だったので、残念ながらその時の写真は撮ることが出来ず、
一つもありませんが(残念!)、
見てくださった皆さん、とても楽しんでくださったようです。

素晴らしいコラボとなりました、感謝です!

 

こういう、ストーリーがあっての、歌はあくまで挿入歌、という、
この位置づけが、私にはなんともうれしいのです。(#^.^#)

この企画、またいつかできたらいいな〜と思います。

 

地元の人の有志で、クワイヤ誕生

また、今回のクリスマスのために、地元の有志の方たちが参加してくださって、
私にとっては初のワークショップをさせていただきました。

このコンサートの2日前ほどに行い、クリスマスソングを日本語と英語にして
歌う、というものでした。そんなに大掛かりにせず、
伴奏は、墨田教会の石川先生にギターを弾いていただきました。

そして、そこで歌った曲を、コンサート当日の昼間に行われていた、
地元商店街のウィンターフェスティバルの最中に、ゲリラ的に路上で歌い!
(かなりスリリングな体験でした〜)

みなさまの温かな拍手をいただきまして。。

そこでの手応えをしっかり掴んで、その後は、墨田教会に戻り、
今回のコンサートでオープニングで歌う、という流れでした。

オープニング曲は2曲。

  • もろびとこぞりて
  • まきびとひつじを

 

後半はゴスペル・コンサート

そのような感じで、聖誕劇とのコラボと、墨田区初の地元クワイヤとのコラボ、
その後の後半は、AKOのソロライブ、という構成でした。

クリスマスソングやオリジナル曲を交え、何曲か歌わせていただきました。

歌った曲目はこちら:

  • Christmas Medley〜Angels we have heard on high/What Child is this?
  • God is gonna fix it
  • Amazing Grace(会衆賛美)
  • Christmas time
  • きよしこの夜(会衆賛美)
  • I need you to survive (アンコール)

 

今回特別に、後半のChristmas time、きよしこの夜で、SAKURAさんに
影絵を付けていただき、影絵の演出の中で歌う、という、
ゴージャスな逆コラボもできました。

ちなみに、このアンコールの曲は、以前、私が日本にいない時ですが、
やはり墨田区で行われたイベントで、自主的に立ち上がったグループ、
その名も「お江戸シンガーズ」のみなさんで、私のレパートリーの1曲である
「I need you to survive」を手話付きで歌ってくださった、ということで、

せっかくなので、お江戸シンガーズさんにもお手伝いいただき、
コンサートの最後で一緒に歌ってもらいましたね〜。うれしかったです。

 

・・・と、ここまでスムーズに来て、プログラム無事終了〜と思ったら・・

思いもよらず、2度めのアンコールが。。!!(汗)

私、何も用意してないです!!と伝えると・・

これまた思いもよらず、お客様のお一人から、
Our Gospel Styleからのオリジナル曲、
「Dreams will come ture」のリクエストをいただきまして。(大汗)

(こんなことは、今までずっと歌ってきて、初めてです。さすが墨田区!)

 

えっと・・・自分で作った歌詞のはずなんですが・・・

覚えてません・・・

今、歌詞カードも持ってません・・・という状態で。

 

しかし後には引けず、とりあえずカラオケをスタート。

歌詞がわからないままに、ひたすらわかるところだけ歌って、
(ほんとうに、これでいいのか?私・・・)

最後は、

♫ゆーめ〜〜 おい〜〜 つづ〜けて〜・・・♫

と、サビの部分を会場の皆さんと大合唱して、
なんとか無事に(?)、盛況のうちに終了いたしました。。

いや〜〜、最後の最後で、
普段とはまた違う汗をドッとかきましたねーーーー(;´∀`)

 

そんなこんなで、まったく地元らしい、手作り感覚たっぷりの、
楽しいクリスマス・コンサートは無事終了。

その後は、やはり地元のお店(お江戸シンガーズのメンバーのお一人のお店)で、
ゴージャスなお鍋や刺し身、手作りのケーキでおもてなしをいただき、

クワイヤのみなさんと墨田教会の石川牧師夫妻も交えて、
みんなで打ち上げました〜

 

改めて、墨田区のあったかさが身にしみました。。

今回も、私の中学校時代の同級生、T子が大活躍。
クワイヤのメンバーを集めてくれたり、コンサートの企画、
教会とのやりとり、さらには地元の町内会の委員会などとのやりとりを、
全部やってくれました。本当に顔の広いT子さんです。

ついでに、影絵の時にも、急遽、鈴で出演いただいたり。。(笑)

本当にこういうことがありがたいんですよね。

私にはとてもとてもできないことです。。

 

やっぱり墨田区はいいなーー

ぜひこれからも、墨田区でゴスペルの道が開かれるように、祈ります!!

 

 

影絵師SAKURAさんと初コラボです

日本では、最近なんだか台風の影響が凄まじいみたいですね・・・みなさん大丈夫でしょうか?被害がひどくならないように、皆さんの全てが守られますように、お祈りしています。

こちらでも、そんな台風を少し見させていただいたかのように、昨日は投げつけるような大雨と強風でした〜。一夜明けて、ストームはおさまりましたが、未だ雨が続いています。

さて、日本行きまで、あと2週間をきりました!もう、毎日その準備に追われて、時間がいくらあっても足りない!ぐらいな、でもワクワク感を抑えられない楽しい日々を過ごしています。

影絵師SAKURAさんとのコラボ

そんな中、今回、私の地元、墨田区にある墨田聖書教会で、これまた地元に住んでいらっしゃる、影絵師SAKURAさんと、影絵で綴る聖誕劇xゴスペルのコラボで贈るクリスマス・コンサートというのを企画しています。

SAKURAさんのブログから画像を勝手に拝借です、すみません!

 

このSAKURAさんは、影絵では日本で第一人者である、藤城清治さんに師事されたお方で、その作風も藤城さんの、あの、繊細でやさし〜い感じをしっかりと受け継がれておられます。なにしろ、すごくきれいなんですよ〜!!これを生で見れるとは・・心あらわれますね〜・・

そのSAKURAさんの影絵の様子の映像をシェアしてもいいと許可をいただきましたので、こちらに紹介させていただきます。

今回は、このSAKURAさんの影絵と、私の歌のコラボで聖誕劇を上演します。このコラボ、初の試みで、未知の世界ですが、どうなるか、今から本当に楽しみです❤

ぜひご期待ください!

コンサートは12月10日(日)17:00からスタート、今から予定を開けておきましょう〜♫


<SAKURAさんのブログ>

影絵のいおり〜桜庵〜

墨田聖書教会ハートフルゴスペルライブ

墨田聖書教会ハートフルゴスペルライブ2017

この度なんと、30年ぶり!に再会した、中学校時代の同級生T子が中心となって企画してくれて、そして、これまた15年ぶり!に伺った、私の生まれ育った地元、墨田区の墨田聖書教会にて5月28日、ハートフルゴスペルライブ」を行うことができました〜。なんというつながりでしょうか!!

墨田区の地元のコミュニティに、T子も、墨田聖書教会の石川先生も関わっていて、同じイベントで働いた事もあったようで、このT子と教会との打ち合わせもどんどん進み!あれよあれよと言うまにこのイベントが進んでいきました。私も、地元墨田区でできるとあって、とてもとても楽しみにしていました(#^.^#)

ライブ・ソングリスト

今回は訳あって、教会のピアノが使えない、ということで、カラオケでのライブになりました。蓋を開けてみたら、ほとんどオリジナル曲になっちゃって・・(汗)

でも、会衆賛美では、石川先生がお得意のギターで伴奏してくださって、かっこよかったですね!そして会場のみなさん、本当に熱く、ひとつの声となって歌ってくださって、超うれしかったです!ありがとうございました!!<(_ _)>

  • 神を愛する者のためには
  • Amazing Grace
  • Use me Lord
  • I need you to survive
  • Jesus is the answer(会衆賛美)ギター伴奏:石川先生
  • Go make a difference(会衆賛美)ギター伴奏:石川先生
  • タペストリー
  • Seed of Gospel
  • Shine on me
  • 今がその時
  • Dreams will come true

 

投げ銭ライブの意味

さて、このライブ、チラシにもあったように「投げ銭ライブ」となっていたのですが、当初私もその意味がわかりませんで、聞いた時は、おひねりでも飛んで来るのかなと思ったんですが(笑)、募金箱のような箱をライブの途中で回して、めいめいで好きな金額だけ入れてもらう、というスタイルでした。

実はその箱、T子の旦那様が作ってくれた、手作りのものでした(下の写真で、手に持っている箱がそうです)。投げ銭、という言葉の響きと言い、この手作り感といい、下町ならでは、ですよね〜^^

 

墨田区でクリスマスの新しいイベントが始まりそうです

実は、私は墨田区ではほとんど活動してきていなかったんです、それこそ15年ぶりの墨田区でのコンサートでしたから。しかしこのイベントを通して、墨田区をもっと盛り上げていきたい!もっとゴスペルが広まっていってほしいし、墨田区の方々のために、何か役立てていただきたい、そんな思いを強く持ちました。近所であったので、私の母や姉も来れたわけですし、もっとこれから、墨田区に根付いた活動ができれば、と願っています。

実はもうすでに、今年年末のクリスマスのイベントの話も出ていて、今度は影絵とゴスペルとのコラボ、という形で何かできそうです。影絵の巨匠、藤城清治さんのお弟子さんで、ご自身でも活動されている影絵師SAKURAさんとお会い出来たのですが、何でも去年のクリスマス、この墨田聖書教会で、SAKURAさんの影絵でキリストの降誕劇が上演されたのだそうです。それはそれは素晴らしかった、とか。さてゴスペルとのコラボ、どのようになっていくのでしょうか、こちらも楽しみです!!

墨田聖書教会ハートフルゴスペルライブ2017

右から石川先生、T子、Ako、SAKURAさん、石川先生の奥様、葉子さん(photo by T子)

ハートフルゴスペルライブ@墨田聖書教会

墨田聖書教会コンサート2017チラシ

いよいよ、日本帰国があと1ヶ月ちょっと、となってまいりました。NYも最近やっと気温が穏やかになってきて、日ごとに春らしくなってきているのもあり、毎日なんだかウキウキしている今日このごろです。

さて、今回の滞在で、これまたなんと、15年ぶり!になるそうですが、私の生まれ育った地元、墨田区にある墨田聖書教会にて、ソロコンサートをさせてもらうことになりました。

去年の日本でのイベントで、奇跡的な再会をした、中学時代の同級生(同じバレーボール部)T子が、なんとこの墨田聖書教会のギターレッスンに通っているとのことで、そんなご縁がご縁を、奇跡が奇跡を呼んで、このイベントにつながりました。すごい!!T子、神様、ありがとう!!

このライブ、入場無料、に加えて、「投げ銭ライブ!」とありますので、おひねりでも飛んで来るのかな??(笑)などと想像しつつ、コンサートをどのように作っていこうか、今から思案中です。

ぜひ、こちらのコンサート、ご期待下さい!

墨田聖書教会コンサート2017チラシ